スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アース・ディ

今日はアース・ディ(Earth Day)

アメリカ保健福祉省(US Department of Health and Human Services)のセベリウス長官さんのメッセージ

Clean air and water aren'y just important for the health of our planet.
They're important for our health too.   
                        Secretary Kathleen Sebelius

”きれいな空気と水は地球が健康であるために大切だけれど それだけじゃない
私たちの健康にとっても、かけがえのないものなのです”
                  保健福祉長官 キャスリーン・セベリウス


あたりまえすぎるメッセージでちょっと拍子抜けしたんだけどね
忘れちゃいけない事実なんだよね
(英語の長文メッセージはこちら

*******

22日 アース・ディのコネチカットは ちょっと肌寒いけれどいいお天気で 自然との調和を楽しみ感謝するのに絶好の一日でした

ぼくは 勢いよく咲くラッパ水仙の色とほのかな香りを楽しみながらリラックス

04222013 ピンぼけ

庭の土を掘って地球と遊んでいたら怒られたので 別の場所に移動

軽く睡眠 ZZZZZ..... 04222013(2)

冬眠から覚めたシマリスも クラブアップルの上で春の空気を大きく吸いながら物思いにふける
(彼の足元のつぼみが齧られているような気がする・・・)

04222013(3)

トトロさん(お父さん)とお母さんは 夕方から裏の林を散策

限られた資源をムダ使いしないようにもっと努力しなきゃね
自然の自浄作用が間に合わないような汚染が 大切な水・空気・土に及ばないようにしないとね
地球といっしょに呼吸していることを意識しながら毎日を過ごそうね
農家さんたちが大切に育てたおいしい食べ物をいただけることに感謝しようね 
だから 冷蔵庫の中で腐らせる食材の量は減らしてね お母さん
自然を満喫できる健康な身体があることを喜んで もっともっと運動しようね

・・・・と 久しぶりにまじめなお話をしたトトロ家でした

04222013(4)

やっとつつじが咲きました (夏場の日照不足で花の数が少ない・・・)

これから 桜 モクレン クラブアップル と どんどん賑やかになってくるはず
あぁ 待ち遠しい〜

のんびりだけれど春本番が近づいてきたアース・ディ2013でした


*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう
スポンサーサイト

安定ヨウ素剤の代替品

まず最初に申し上げておきます
本日の内容に関して ブログ主は一切の責任を負えません

万が一の「緊急時」に役に立つ『かも』しれない という 個人的『おせっかい』に基づいて記事にしました

ご理解いただけると非常に助かります

by らすかる母

個人責任で… 08312012

*********

ぼくたちが住んでいるコネチカットには 海沿いに原子力発電所があります
トトロ家から 距離にしてだいたい50マイル(80キロ)

さらに お隣ニューヨーク州に 古い古い発電所インディアンポイント
こちらは トトロ家から60マイルちょっと(100キロ)

それだけ離れていると 普段から原子力発電所を意識することもないし 万が一のために準備をしたり 電力会社や自治体が啓蒙活動をしたりということも(ぼくたちが知る限り)全くありません

「万が一の事故の際に 安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム)のかわりにヨウ素添加の食塩を食べたらダメかしら?」 ということを言い出す人までいて・・・ そのくらい無知
(注:アメリカの食塩の多くはヨウ素が添加されています
海藻などの食品からヨウ素を摂取できる日本では食塩にヨウ素は添加されていません)

結論から言うと アメリカのヨウ素添加食塩では 致死量の塩が必要となるので無理です!!

で 他に安定ヨウ素剤の代替品はないのかなぁ・・・と探していたら

10%ポビドンヨード溶液(イソジン)や希ヨードチンキを上腕に8ml塗り付けることで 安定ヨウ素剤(ヨウ化カリウム130mg)一錠分のヨウ素を皮膚から吸収することができる

という情報を見つけました

万が一の事故が起きた時 最初にどんどん飛んで来る放射性ヨウ素を身体の中に取り込んでしまうと 甲状腺がんのリスクが上がる と言われています

特に 子供達の甲状腺への影響は非常に高く できれば放射性物質を含んだ第一風が到達する前に 事故後できるだけ速やかに安定ヨウ素剤を飲む必要があるのですが 安定ヨウ素剤など家庭の救急箱に常備している類いのものではない(原子力発電所のすぐ近くに住んでいるならともかく)

万が一の事故が起こってからあわてても遅すぎる

そんな ほんとうに困った状況に陥ってしまったら・・・・・ 
家にあるイソジンや希ヨードチンキをコットンに染み込ませて 上腕内側の皮膚の薄い部分(日焼けとかしにくい部分)にすりこんでみてください

8mlといえばかなりの量ですが、1日量と考えて数回にわけて塗り込めばいいと思います
(皮膚や服が黄色くなりますので注意してね)

10%ポビドンヨード液(イソジンきず薬)は アメリカではベタダイン(Betadine)
イソジンうがい液は 7%ポビドンヨード液なので 換算すると11.5ml

ちなみに WHO(世界保健機構)は 安定ヨウ素剤の一日摂取量を
12歳以上  130mg
3歳〜12歳 65mg
1ヶ月〜3歳 32mg
1ヶ月未満の新生児  16mg
としていますので 単純計算すると

10%ポビドンヨード液を上腕に塗る一日量は
12歳以上   8ml
3歳〜12歳  4ml
1ヶ月〜3歳  2ml
1ヶ月未満の新生児  1ml  となります

また 40歳以上に関しては 放射性ヨウ素による甲状腺がん発症の可能性は非常に低いので 神経質になる必要はないと思います 
安定ヨウ素剤が手に入れば 是非率先して子供たちに譲るようにしてくださいね

最後にもう一度繰り返しますが 本日の記事に関しては あくまで各自の責任でよろしくお願いします

これで完全に放射性ヨウ素から甲状腺を守れるか
全く副作用がないか 
申し訳ないですが責任はとれません

こちらが情報元です (Heath Physics Society)

Q:Would ingestion of iodized, common table salt be effective in a nuclear accident if KI pills are not available?

A:
The daily dose of potassium iodide (KI) for thyroid blocking is 130 mg per day for up to two weeks. This equates to 96 mg of iodine (I). Iodized salt contains about 0.085 mg of KI per gram of salt (according to the Morton Salt Company). To get the I equivalent of a 130 mg KI pill would require the ingestion of 1,529 grams of salt which would most likely be fatal. According to research by Health Physicist Ken Miller, Hershey Medical Center, a person can get a blocking dose of iodine by painting 8 ml of either tincture of iodine or providone iodine (betadine) scrub on the forearm daily.

William Kirk, PhD, CHP
Pennsylvania Bureau of Radiation Protection


質問:安定ヨウ素剤が手に入らない時 ヨウ素添加食塩を替わりに使えるかしら〜?

回答:
甲状腺を放射性ヨウ素から守るためのヨウ化カリウム(経口)用量は 一日130mgを最大2週間まで、となっています。ヨウ素に換算すると96mgです。

Morton(アメリカで一番大きい塩会社)によると、ヨウ素添加の塩(食卓塩)は、塩1gにつき0.085mgのヨウ化カリウムを含んでいるということです。
つまり、一日に必要なヨウ化カリウム130mgを塩から摂るためには、致死量に匹敵する毎日1529mgの塩を経口摂取しないといけない計算になります。

ハーシー医療センターの物理学者ケン・ミラーの研究では、一日に8mlの希ヨードチンキもしくはポビドンヨード(ベタダイン)を上腕に塗り付けることで、必要量のヨウ素を経皮吸収できるそうですよ。

ペンシルバニア放射線防護事務局 ウィリアム・カーク博士 

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

ブラボー♪ アクリルたわし

夏バテ中のぼくのお母さん

水をさわるのが気持ちがいい〜 と 暇を見つけてはお皿やらシンクやらお風呂やらを洗っています

コネチカットのブログ王&手先器用クイーンkikiさんにお願いして カラフルなアクリルわたしをいっぱい作ってもらったのが数ヶ月前

07202012 わーい♪

そして2ヶ月前には お母さん両親が お母さんのお母さんの友人ハンドメイドのアクリルたわしをお土産にコネチカットへ♪

わーいワイ♪ 07202012(2)
(日本ーアメリカ間で 頭の中を読まれたみたいでちょっとホラーだったけどね)

kikiさん&お母さんのお母さんの友人Sさん ありがとうございました!!

アクリルたわし 洗剤いらずで環境にいいし 手にも優しい 
(お湯のほうが汚れ落ちはいいけれど)お水だけでもきれいになるので 暑い夏でも家事が楽しい♪
汚れたら洗濯機に放り込めばいい

「掃除」という名目で堂々と冷たいお水で遊べるので とてもいい夏バテ対策だよ
(ついでにいうなら 浴槽掃除という名の足水も夏バテには最適)

ぼくも綺麗なシンクでヒンヤリ昼寝ができて とってもうれしい
いいことづくしのアクリルたわし ブラボーだね

07202012(3) 緊張〜
実は ぼく 緑色の物体が苦手で いつもちょっと緊張する

引き気味 07202012(4)
しかもアクリルたわしにピントがばっちりあって ぼくは引き立て役!

この緑のアクリルたわしが動かないことを100%確信してから つるつるのひんやりシンクで爆睡

07202012(5) ふぅ〜っ

あ でも お母さん 暑いのはわかるけど もっと頻繁に掃除機をかけたほうがいいよ〜

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

危険性を示す充分な証拠がない=安全?

プラスチックなどから溶け出す ビスフェノールA(BPA)

ヒトへの安全性 特に子供達や乳児や妊婦(胎児)への安全性が確定していないために 食品パッケージへの使用を禁止するよう アメリカ食品医薬品局(FDA)へ訴えていたのですが・・・・・・

「危険性を証明するに足りる充分な科学的証拠がないため BPAの規制はしない」
「今後もBPAの安全性については調査・研究を継続していく」

という これまでと全く変わらない(聞き慣れた)結論に終わってしまいました

FDA Rejects Call to Ban BPA from Food Packaging (3月30日:共同通信)
http://www.npr.org/templates/story/story.php?storyId=149706517

BPA Gets a Reprieve - for Now (4月3日:TIME)
http://www.time.com/time/health/article/0,8599,2110902,00.html

FDA Continues studying BPA (3月30日:FDAの消費者向けサイト)
http://www.fda.gov/ForConsumers/ConsumerUpdates/ucm297954
(このなかでFDAは アメリカのリサイクルコード3番と7番のプラスチックには熱い液体等を入れないこと 傷がついたら捨てること を呼びかけています)

クラブアップルが満開に 04032012

がっかりするぼくとお母さんを励ますように いっせいに咲いたクラブアップル

樹形が貧弱なのはね 去年の10月末の季節外れ大雪で何本も枝が折れたから

04032012(2) 雪の重みでこの後ボキンっ

ほら こんなに綺麗に咲いたよ♪

04032012(3)


*****

科学というものは 長い長い時間と労力をかけて試験を繰り返し 事実の積み重ねから理論を組み立てていくものだと思う

でもね プラスチック食品パッケージから微量ずつ溶け出してくる物質の危険性を しかも子供達や赤ちゃんへの影響を どうやって事実を積み重ねて証明するのか

これは日本で直面している「食品・水・空気・土壌への放射能汚染と健康への影響」の議論にも通じるものだと思う

低濃度BPAや低線量放射線による健康被害に関しては 医師・科学者の間でも賛否両論がわかれていて まだまだ「理論」の確立にまでは及んでいない
今はまだ いろいろな「仮説」をたてながら それらをなんとか証明しようとしている段階です

こんな段階(危険性も安全性も理論として確立していない)で「安心で〜す」「心配しすぎ」というのは無責任すぎると思う

しかも「理論」が確立するまでには これまらまだ気の遠くなるような「事実の積み重ね」が必要になってくる

つまり 大人だけでなく子供から赤ちゃんまで 大量の「因果関係が明白な」「健康被害」が山積みになってはじめて「危険性がはっきりする」わけ

しかも「BPAや放射線が危険かもしれない」ことはしっかり認識しているので 「今後も注意して観察していく」って口を濁したり ある程度の規制値を設けたりしている
(放射能に関しては その世界基準すら無視して日本独自の基準設定)

どうして安全性が確立するまでBPAを規制してくれないのか
どうして安全性が確立するまで 子供達を避難させられないのか

こういうお役所仕事を目にするにつけ 「低濃度のBPAは問題ない」「低量の放射能汚染なら心配しなくてよし」という結論が先にありきのような気がしてならない

そんなのは科学じゃない!
これを科学だというのなら「科学的根拠」を理由に 一般市民を危険にさらすべきじゃない!!!

*****

クラブアップルだけでなく ビンカ(ツルニチニチソウ)も満開になって がっかりするぼくとお母さんを励ましてくれてるよ

04032012(4)

斜面いっぱいうめつくす 04032012(5)

*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

BPAの規制について

アメリカ在住のみなさまへ

BPA(ビスフェノールA)って聞いたことがありますか?

プラスチックボトルや 缶詰め・紙パックの内側コーティング剤(エポキシ樹脂)から溶け出す有機化合物で「ぼくたちの健康に悪影響を与える可能性がある」と以前にも触れたことがあるのですが 覚えて下さってますか?

BPAの安全性 http://rascalthecat.blog124.fc2.com/blog-entry-337.html
健康的な野菜ジュース? http://rascalthecat.blog124.fc2.com/blog-entry-334.html

これまでBPAの規制には及び腰だったアメリカ食品医薬品局(FDA)は BPAが溶け出す恐れのある材料を食品パッケージに使うことを積極的に規制するかどうかを 今月の31日までに決定することになっています

これまで企業側は「BPAが人の健康に影響がある充分な証拠がない」「微量なので問題ない」という主張を繰り返すばかり
それに対してぼくたちは 瓶詰め食品を選んだり BPAフリー(BPAを溶出しない)の表示を注意深く探したり 個々のレベルで自己防衛するしかありませんでした

03232012

ぼくたちの毎日の暮らし 特に影響を受け易い子供たちの健康を大きく左右する問題
大企業の利益優先ではなく ぼくたち消費者の健康保護のためにも ぜひともアメリカ政府にはBPAの規制に乗りだして欲しい と思います

下記リンクからは FDA長官のDr マーガレット・ハンバーグに意見メールを送ることができます
(リンク先は EWG:Environmental Working Group のページ)

すでに長官宛の例文が表示されていますので emailアドレスを入力してそのまま送信できます
もちろん文章を変更することもできるよ

例文中には「アメリカ市民として・・・・・こう思います」とありますが、アメリカ国籍のないぼくのお母さんも そのまんま提出しちゃいました
要は 決議のまえに一般住民の声をできるだけたくさんFDA長官(のオフィス)の耳に届けて これだけ多くの人間が注目しているんだぞ!ということを訴えることだと思うのね

できればリンクをクリックしてサインして欲しいな
そして ひとりでも多くの友達(特にアメリカ人)に知らせて欲しいです

Get BPA Out of Our Food (英語リンクです)
http://action.ewg.org/p/dia/action/public/?action_KEY=1966&tag=201203FDABPAActionCenter


*****

BPAは 女性ホルモン・エストロゲンによく似た構造をもっていて「ホルモン撹乱物質」とか「環境ホルモン」と呼ばれることもあります

第二次性徴を早めたり 不妊 前立腺がん 乳がん 神経系の疾患(頭痛・不安・いらいら等) 心疾患などのリスクを高める危険性が疑われています

アメリカの疫学・公衆衛生専門機関CDC(アメリカ疾病予防&コントロールセンター)の研究では 6歳以上の子供と大人の被験者の93パーセントからBPAを検出 

上記リンク先の環境汚染に関する専門グループEWGの試験によると 調査対象の半分以上の缶詰め食品 缶飲料 液状離乳食などからBPAを検出

2009年には アメリカのマイノリティ(白人以外の人種)新生児の臍帯血(へその緒)を調べたら 調査対象の10人中9人の臍帯血からBPAが検出されたそうです

大企業などではすでに 一部の商品にBPAを含まない容器を使うようにしたり(Trader Joe's やキャンベルスープなど)や BPAを溶出しないプラスチック保存容器・水用ボトル(ナルジェンやキャメルバックやレイノルズ)を製造販売しているけれど 「一部の商品」に限られるために 必ず商品を手に取ってラベルを注意深くチェックしないといけません

これもBPAフリー 03232012(2)

産科医や子育て雑誌などでも BPAが溶け出す可能性のあるポリカーボネート樹脂製のプラスチック哺乳瓶の使用を避けるように注意/指示しています
EUでは 2011年以降哺乳瓶への使用は禁止されています

ホルモン類似物質は 特に第二次性徴期を迎える前の子供達や小さな赤ちゃんへの影響が問題になるからです

企業側の言い分は「微量ではヒト(大人)への健康被害を及ぼさない」ってのがほとんど
大人への安全性を 子供の健康への安全性に結びつける議論はとても危険だよ

ゴミ問題や ゴミとなったプラスチックから溶け出したBPAの生態系への影響も忘れてはいけないしね

31日までにFDAから明るいニュースが聞こえますように・・・
そして近いうちに日本でも規制の動きが始まりますように・・・

BPAの安全性に関する過去記事(こちら)も是非目を通して下さいね)


*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

緊急のお願い

お母さんの日本のお友達から 子どもたちを放射能汚染から守るための緊急署名のお願いがありました
どうか署名にご協力ください お願い致します

福島の子どもたちを守るための緊急署名
避難・疎開の促進と法定1ミリシーベルトの順守を


http://www.foejapan.org/infomation/news/110610.html#about

文中のリンクから オンライン(PCか携帯)や紙での署名フォームが選択できます

一次、二次締め切りと順調に署名は集まっているようですが 最終締め切りの7月5日までに さらにひとりでも多くの方の署名を集めたいそうです

地球環境と人々の暮らしを守る国際環境NGO組織である FoE(Friends of Earth Japan)さんが発起人で 子ども達の年間被爆量を厳しく順守し 必要ならば避難・疎開等の措置をとることを 管首相 福島県知事 文部科学大臣 厚生労働大臣 宛に求めていくものです

ちょうど こんなニュースも流れていましたよね

未成年者の尿検査、全員から放射性物質(読売新聞 7月1日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110701-OYT1T00099.htm


そして それを受けるようにこんな政府発表

子どもの尿の放射能、健康に心配ないと文科省(読売新聞 7月2日)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110702-OYT1T00011.htm


この記事って つまり〜

文科省が 放射線医学総合研究所(国の機関)で調べたところ 特に問題あるレベルじゃなかった
ゆえに 福島の市民団体が独自にフランス検査機関に依頼して行った調査結果がどうであろうと関係ないよー
子どもの尿の放射能 健康に心配ないです(言い切り!)

・・・・って言っているわけですよね
ほんとうにそうなんでしょうか

お互いのリサーチの詳細(被験者の選び方や放射能測定方法等)がよくわからないので あれこれ内容について批判するつもりはありませんが 完全に「シロ」でない限りは 子どもたちを危険から回避させてあげるのが大人の役割なんじゃないでしょうか

今日のニュース(7月2日読売)を読んだとたんに ざわざわする胸騒ぎといっしょに涙がぽろぽろ出てきてしまいました
心のなかにある「不安」がそうさせるのだと思います

だからこそ 是非ともひとりでも多くの方の署名を集めたい! と強く思いました
まだ最終締め切りまで時間があります
どうぞ よろしくお願いします

英語しか話せない友人・知人にはこちら(↓)のリンクをお使いください 
http://www.foejapan.org/en/news/110526_2.html

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

水に想いを馳せる午後

今日 日中は 梅雨の晴れ間といった感じの清々しいお天気
(ただいま 夕立が通過中)
このまま夏になるのかな?
それともまた雨ばかりの毎日に戻るのかな?
まだまだこの辺りのお天気に慣れなくて 庭作業の予定がうまくたてられません

ここコネチカット州は 高地砂漠気候のコロラド州デュランゴと違い 雨が多くて緑が豊か
ううん 緑だけでなく いろいろな色のお花があっちこっちで咲いています

06152011 ヤマボウシ
Japanese Flowering Dogwood ジャパニーズ・ドッグウッドが満開

山月桂樹 06152011(2)

コネチカット州の州花 マウンテンローレル(Mountain Laurel)も花盛り
ネイティブ・アメリカンは マウンテンローレルの葉をつぶしたものをポイズン・アイビー接触性皮膚炎の炎症に外用薬として使ったんだって(食べたらダメだよ!毒だからね!)

06152011(3) Peony
根っこの部分が有名な生薬シャクヤク(解熱・鎮痛 ケガの止血・抗菌 筋肉弛緩作用)

「いろいろな色のお花」とかいいながら ボクんちに咲いているのは白が多いね
前のオーナーさんの好きな色だったのかな?

06152011(4) 白くて可憐な Iris

日本語のアヤメ・花菖蒲・カキツバタは 英語だと全部アイリス
この子は・・・・花しょうぶ・・・・かな? 漢方薬の菖蒲とは全くの別物

野生化ベリー 06152011(5)

一見すると ポイズン・アイビーそっくりのラズベリーもしくはブラックベリー
というか たいていいっしょに群生しているような・・・(この写真には見あたらないけど)
葉全体に細かいギザギザがあり 茎にトゲがあるので ポイズン・アイビーではないことはわかるけど この子がラズベリーなのかブラックベリーなのか 見分け方がわかりません

実ができたらわかるんだろうけど 判別する前に野生動物たちに食べられちゃいそうだね

06152011(6) ばら
やっと白以外の花の写真がでてきた〜
よく見たら 葉っぱが虫食いだらけ(にんにく唐辛子スプレーをまこう!)

こうやって植物を愛でていると 『水』って生き物にとって本当に大切なんだなぁ と改めて思います
アリゾナ&コロラド と 中西部の乾燥地帯に長い間住んでいたから余計に

植物だけじゃなく ぼくたちネコや お母さん&トトロさん(お父さん)のような人間にも 生きていくために絶対必要な水

水を汚すことは そのまま僕たち自身の健康をおびやかすことに直結します
いや 水だけでなく 土や空気の汚れも同じこと

ぼくんちの飲み水は井戸水なので 家の北西側(井戸のある側)のポイズン・アイビー処理には強力な除草剤をまくことを躊躇しています
(周囲の生態系や井戸水 そして健康に影響を与えるので注意するよう ラベルにもきちんと明記されています)

ぼくやお母さんが噛まれたTick(マダニ)や蚊の問題もあるので 本当はいっきに殺虫剤を庭中にまきたいところなんだけど これも土や空気や水を汚染して生態系や健康にマイナスだし 庭にはハーブや野菜もちょっとだけ植えてあるので 自然のもの(にんにくや唐辛子やシトロネラ)をせっせとこまめにスプレーして対策してます

そうやって おそらくここに住んでいる僕たち以外にはほとんど影響がないようなことでジタバタしている一方で 広範囲にわたり大勢の人に長期間ものすごい苦労を強いている原子力発電所事故は まだまだ収束のメドが全くたっていないことをニュースで確認してやるせない気持ちになります

自然と共存していくのは大変なことだけど いったん汚してしまったらそれをきれいにするのにはとてつもない時間と労力がかかるから・・・

地下水が 雨水が 池や湖や川を流れる水が そして海のお水が これ以上汚れませんように
ぼくたちが毎日吸っている空気が 食べ物や自然が根付いている土が 地下水を濾過する大地が これ以上人間のエゴで汚されませんように

そんなことを願いながら ぼくたちにできることはなんだろう・・・と真剣に考え込む夕暮れ時

06152011(7) シンク大好き♪

蛇口をひねれば安全な飲み水がじゃんじゃん出てくる・・・・
ものすごくありがたいことなんだよね

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。