スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポスト・パンデミック

みなさん こんにちは
ここ2日間ほど外の探検をひかえているので ぼくはすっかりキレイになりました

08182010 まっしろ♪

(ここ数日 家の裏山か放牧用地あたりにコヨーテの集団がうろうろしているみたいなんですよね・・・
飛行機に吠えたり 真夜中に仲間通しの会話なのか「遠吠え」を続けたり 窓の外で寝ていたエルク親子がものすごい大きな ぴゅーっぴゅっぴゅっ っていう警戒音を鳴らしてどこかへ行ってしまったり・・・
ほぼ同時に らすかるも外を警戒するようになって 外出しても5分もしないうちに帰ってきたり 「外出」の催促もほとんどせずに 窓から外を眺めているだけ
らすかるは 甘やかされた箱入り猫だけど きちんと「何か」を感じているのかな?
動物ってすごいなぁ〜 と改めて思いました by母)

*****

さてさてさてさて
ぼくたちがブログ更新をさぼっていた8月10日に WHO(世界保健機構)が 2009A型インフルエンザ(H1N1)のフェーズを フェーズ6(パンデミック/世界的大流行)から ポスト・パンデミックに変更しましたね
日本のニュースでも「世界的大流行の終結」という見出しで報道されてました

これで 2009A(H1N1)の扱いは 基本的には他の季節性インフルエンザと同じになりますね

今後も同じウィルスは存在し続けるけれど 多くの人が免疫を持っている今 大規模な(世界的な)大流行を引き起こすことは無く 季節性インフルエンザとして局所的な流行を続けるにとどまるでしょう という意味です
(季節性インフルエンザの流行シーズンは 秋ー冬)

ただし 今回のインフルエンザが若年層の間で感染拡大をした点など これまでの季節性インフルエンザとは若干異なる部分もあるので 今後も注意は必要でしょうね
(不安になったりする必要は全くありません)

もともと弱毒性と早い段階でわかっていた今回の2009A(H1N1)
それなのに日本では WHOの「空港検疫はむだ」「ワクチンや抗ウィルス薬を医療後進国へ優先的に回すように」「おかしいかな?と思ったら自宅待機」「重症化リスクの高い患者さんには抗ウィルス薬の処方を検討」というアナウンスの多くが国民ひとりひとりになかなか届かず 「空港検疫を徹底して水際作戦」「国内産ワクチンに加えて 海外ワクチンの政府主導の大量購入」「軽症患者さんが病院へ」「抗ウィルス薬の予防的投与」などという おかしな現象がおこりました

日本の厚生労働省や関係部署さんには この経験を活かして 早い時点で「新型インフルエンザ対策の指針」を検討・変更していって欲しいと思います

ここ数年心配されている 鳥インフルエンザから派生した強毒型新型インフルエンザが発生する可能性は まだまだ強く残っています
今回のような騒動になれば 守られるべき人たちが守られず かえって感染拡大を助長する結果になることは目に見えていますから・・・

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう
スポンサーサイト

しっかり休んで無理しない

いつも最後にくっつけている 風邪&インフルエンザ予防のための7か条
4と6が同じことと違うん?という質問をいただきました

「休息をしっかりとって疲れをためない」
「調子悪いかな?と思ったら無理をしない」
たしかに似てる・・・・ でもぼくの言いたいことは微妙に違うの
(秘書のお母さんの国語力不足は ぼくの力ではどうにもカバーしきれないのです スミマセン)

このふたつの写真の違いくらいの微妙さ?

02032010 写真1

02032010(2) 写真2

まず「休息をしっかりとる」は 毎日の生活の中に しっかりと身体とココロを休ませる時間を確保していくことを言いたいの

充分に睡眠はとれているか
朝すっきり目覚められているか
ベッドルームは 深い眠りを約束できる環境になっているか
自分だけの時間をつくれているか(自分だけの時間が欲しい人の場合ね)
あたまをいったんリセットしてリラックスできるか
自分がほっとできる環境を知っているか

っていうことを自問して 全部「Yes!」だったらまずは大丈夫かなぁ

つぎの「調子が悪いときは無理をしない」は 休息をしっかりとっているのに疲れがうまく抜けずに蓄積していって調子を崩してしまったときに 「あとすこし あと少しだけ」と身体に無理をいったり 頼まれごとに「no」と言えなかったりする状態を避けようねということ

この「無理をしない」「noと言って断る」ってのは お母さんの周りを見ている限りでは日本人はとっても苦手
ま 今回のインフルエンザ騒動のおかげで 今年は「無理をしないで家で休息」することが比較的簡単に可能になったって話も聞くけどね

Eちゃん、こんな説明でわかってもらえたかなぁ?

*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

お茶とインフルエンザ

きのうのグリーンティーのエントリーに関連して 日本では「緑茶や紅茶でうがいをするとインフルエンザに予防になる」という情報があるよ というコメントメイルをいただきました 
ありがとうございます 11172009 日差しがまぶしい!
(雪解け風景にうまく溶け込む らすかる 。。。。。 カモフラージュだね)

これも 緑茶や紅茶に含まれるカテキンの抗菌&抗ウィルス作用によるものだね
アメリカは うがい文化の国ではないので「うがい」に関する検討文献は皆無だけれど うがいをするときには結果的に手も洗うことになるし カテキンがインフルエンザウィルスの感染力を弱めるのは間違いない事実なので 興味のあるひとは試してみるといいと思うよ

ぼくたちが住んでいるところには日本&アジア食材屋さんがないので おいしいお茶は日本から送ってもらう貴重品
だしがらの緑茶の茶葉や茎をフライパンで炒って 手作りほうじ茶(うまい!)にして繰り返し飲んでいるほどの お茶フリーク
カテキンは2煎めのお茶にいちばんたくさん含まれて 3煎め以降徐々に減っていくらしいのだけれど カテキン自身がすごく強い抗ウィルス作用を持つ物質なので 楽しんだ後の出がらし茶でもじゅうぶん効果ありそうだよね
(それでもやっぱりお茶をうがいに使うなんてもったいなくてとてもじゃないけどできそうにない 悲しいアメリカ田舎暮らし)

あ 全然関係ないけど 飲んだ後のお茶の葉っぱをプラントポットにちょこっといれたり お庭の野菜畑に放りこんだら 植物が元気になったみたいだよ ミネラルたっぷりのいい肥料になったのかな
このブログを訪問してくださる植物博士さんたち ご意見ありますか?

 
*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

お薬としての緑茶

冷たいものの摂り過ぎは身体を冷やします
特に 寒い日は...
天然のかき氷ぃ〜 ぺろぺろ 11162009
(去年 雪の食べ過ぎで おなかぴーころしたこと....もう忘れてるね)

だから逆手にとって 冬場は暖かいお茶を飲んで身体の内側からぽかぽか温まるの
なかでも緑茶は ビタミンCを筆頭にビタミン&ミネラルたっぷりで また 渋みの成分の一種であるカテキンには抗菌効果&抗ウィルス効果や抗酸化作用もある
ここアメリカでも冬場の風邪&インフルエンザ予防に大人気なんだよ グリーンティー

特に注目されている緑茶の成分は 前述した カテキン
同じ茶葉(Camellia sinensis)から作られる ウーロン茶(半発酵茶)や紅茶(発酵茶)にも含まれていますよ

おもな働きは
1)抗ウィルス作用(インフルエンザなどのウィルスの感染力を弱める)
2)抗菌作用(虫歯の予防になるといわれているね)
3)抗酸化作用(老化防止・解毒に効果的)
4)基礎代謝を高める(脂肪を燃焼してくれるので 体脂肪が減るよ!)
5)抗がん作用
6)血中コレステロール値低下(血栓の予防)
7)血圧低下作用(3や6と併せて心臓病の予防)
などなど

そう お茶ってものすごい健康飲料なのだ

あ  なんで今日のタイトルが「緑茶」に限定しているのかって?
それはね お母さんが日本茶大好き!ってこともあるのだけれど 一番の理由は カテキンと同様にとっても優れた栄養成分であるビタミンCがとってもとっても豊富なこと
残念だけど 紅茶には 免疫反応に欠かせないこのビタミンCがほとんど含まれていない
だから 同じお茶グループの中でも この季節のいちおしは グリーンティー♪

あ でもカフェイン含んでいるので飲み過ぎ(特に寝る前)には気をつけてね
(お茶のカフェインはコーヒーよりも少ないし タンニンなどの他の成分とカフェインが結びついてカフェイン自体の身体への影響はかなり少なくなるんだけれどね)

のどがイガイガするよ〜 というときは はちみつ入り緑茶
ぽかぽか効果&免疫アップ効果をのぞむときには ショウガの砂糖煮や すりおろしショウガをいれて ジンジャー緑茶に
シンプルに入れたお茶に慣れ親しんだ日本人の舌には 最初はちょっと「あれ?」な感じだけれど 慣れるとおいしいよ (お母さん ショウガ入りのお茶大好き!)
そうそう 糖分の摂り過ぎは免疫にも影響するので 基本はふつうに入れたあったかいお茶で お茶そのものの味を楽しんでね♪


*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

アメリカ新型フル近況

朝起きたら また雪がつもっていたよ
朝食中のシカさん家族(増えてる!!)や 11152009

ぷりぷりの鳥さんと遊びたいのに 11152009(2)

太陽が出ていない! 寒い! とかって ぼくはなかなか外出させてもらえない
で 太陽が雲の間から顔を出すとほぼ同時に外に飛び出してみたものの.....
11152009(3)  あうっっ 冷たっ!

5分で帰宅... 11152009(4) 寒いやんっ! ぷんぷん

ところで....
米の死者、4倍の3900人 新型インフル、再計算で(朝日.com 11月13日)
http://www.asahi.com/special/09015/TKY200911130113.html


この記事を読んで ぼくたち家族の健康を心配してくださるメールがありました(メールはサイドバーのメールフォームから送れるよ)
気ぃ使ってくださって ほんとうにありがとうございます
インフルエンザ蔓延中ですが 通常の冬とほとんど変わらない日常です

日本の記事のタイトルだけを見ると まるで死者数が予測をはるかに上回っているかのように取れるよね
これ 間違いですから 
おおげさに表現しているだけですから
最近 新聞の記事が まるで週刊誌かスポーツ紙化しているような気がする 
オリジナルの12日付けCDCの発表は次のとおり(英語)
http://www.cdc.gov/h1n1flu/estimates_2009_h1n1.htm

アメリカCDCは 例年インフルエンザに関して定点観測をしています
全国から自治体をいくつかピックアップし そこの保健所からのデーターをもとに 全国的にもこの自治体らと同様の確率でインフルエンザ症例が発症しているという仮定のもとで 全国症例数を計算によって推定し発表しています
今回のインフルエンザに関しては、発生初期には最終確定検査で陽性になった症例の報告のみに限られていたために 過小報告されている可能性もふまえて疫学の専門家が分析した結果が次のとおり

今年4月から10月17日までの約6ヶ月間の 
1)新型2009A(H1N1)インフルエンザ推定患者数は 1400万人から3400万人の間 (中間値は2200万人)
2)H1N1によるとみられる推定入院数は 6万3000人から15万3000人 (中間値は9万8000人)
3)H1N1が関連していると思われる推定死亡者数は 2500人から6000人 (中間値は3900人)
4)年齢別データによると 入院例/死亡例ともに65歳以上の高齢者に集中する従来の季節性インフルエンザと異なり H1N1では若い年齢グループでの重症化例が多いことは これまでに報告されているとおりである

という内容でした

この数字を見ても また すでに冬を乗り越えた南半球の国々でのWHO発表の症例件数をみても 特に今年の新型H1N1による重症化症例が多いわけではなく ウィルスの性質が突然変異を起こして強毒性ウィルスに変わった気配も全〜くありません 

元記事のポイントは「こんなに死亡者が出てるよ!予想の4倍やん!」っていうのではないんだよ ということを伝えたくて今日のエントリーにしました


*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

猫と新型インフルエンザ

これまで「人から猫&犬へのインフルエンザ感染はないだろう」と思われていたのだけれど アイオワの公衆衛生局と獣医師会が猫への新型A(H1N1)インフルエンザ感染を1例確認した というニュースが昨日かけまわりました
TIME(英語版)記事はこちら 

え!その猫さん元気になったの?? 11062009

はい この猫ちゃん 今は回復してぴんぴん元気にしているそうです

倦怠感と食欲不振の症状があったので獣医さんに連れて行かれ 家族(人間)が新型フルに感染していたことから念のために猫ちゃんの検査をしたら 獣医さんもびっくり! H1N1に感染していた というわけ

ねこと家族として生活している人にはなんだかとっても気になるニュースだけれど 獣医さんたちのコメントでは 新型インフルエンザが人から猫への感染力を持つ と結論付けるにはまだまだ早い という話のようです
むやみに心配して神経質にならなくてもいいということで ちょっとほっとしました

その理由として まず この猫ちゃんが13歳と高齢であったこと つまり免疫力が落ちていた可能性があること
それから これまで季節性のインフルエンザ(A型 B型 鳥インフルエンザ含めあらゆるタイプ)が猫&犬に確認された報告が1例もなかったこと をあげています
(豚由来の新型A(H1N1)は これまでのところ 豚さん と フェレットで感染確認されているそうです)

いずれにしても新しいインフルエンザ わからないこともいっぱいなので 毛の多さに関わらず家族全員(ヒトもふわふわペットも)しっかり免疫つけて元気にこの時期をのりこえましょう!


*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

糖分と免疫力

ぼくがすやすや寝ている時によく言われることばが "He is so sweet!!!"

スウィートな寝姿♪ 10212009

もちろん「甘ったるい」のではなく「愛らしい」「かわいい」の意味のほうだけど このスウィートって単語 「優しい」とか「いい気分」とか「すんばらしい!」とか いろいろな使い方のできる便利なことば(男の人が使うとちょっとオネエっぽくなるけど)

で sweetといえば糖分
糖分といえば 舌やおなかを満足させ エネルギー源としても不可欠な大切な栄養分
でも なんでも摂り過ぎは身体によくない

糖分の摂り過ぎが肥満の原因になるのはよく知られていることだけど 免疫力を低下させることはあまり知られていないかも....
これからの季節 風邪やインフルエンザ対策として免疫力をしっかり鍛えたいよね
だから 糖分 中でも特にビタミンやミネラルなどの他の栄養素をほとんど含まない白いお砂糖(精製された砂糖)や高果糖コーンシロップなどの摂取は極力控えたい

免疫作用 特に白血球が細菌やウィルスなどの外からの侵入物と戦うためには ビタミンCが必要なの(だからビタミンCが風邪・インフルエンザの予防にいいって言われるんだね)
実はこのビタミンCは ブドウ糖(グルコース)などの単糖類と構造がすごく似ているんです

細胞が元気に生きるためにはブドウ糖もビタミンCも両方必要なので 細胞を取り囲む壁にはブドウ糖やビタミンCの構造を認識して 細胞内への積極的な取り込みを仲介する物質があります
この仲介役さんはブドウ糖とビタミンCの構造を完全に区別することができないために 白血球などの免疫細胞が大量のビタミンCを必要としている時でも 周りにたくさんのブドウ糖があると ビタミンCと勘違いしてブドウ糖をせっせと必要以上に取り込んでしまう
まわりのブドウ糖の量が多ければ多いほど 免疫細胞が必要としているビタミンCの取り込み量が減ってしまう.....
つまり免疫力が落ちてしまうわけ

糖分を控えすぎるとパワー不足になって 病気に強いからだ作りにはマイナス
でも 糖分の摂り過ぎは 免疫力を低下させる

だからこそ 前述したように他の栄養素(ビタミンやミネラル)をほとんど含まない糖分(精製した白砂糖 高果糖コーンシロップ コーンシュガー)を極力減らし 変わりにビタミンやミネラルを含んだ精製していない砂糖や果物 無精製の多糖類(玄米 全粒粉 その他の穀物)を摂るようにしたい

うん そういうこと
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく感謝!

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。