スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

週末の野菜畑

これまでちまちまと収穫していた畑のお野菜だけど ようやく勢いがついてきましたよ〜
5月末まで霜が降りていたなんて信じられないくらいの日中の陽気と 夕方の雨のおかげ

チンゲンサイ スイスチャード ケール リーフレタス 小松菜 ブロッコリー 二十日大根 シラントロー(香菜) 青ネギ オレガノ タイム ディル のほかに 間引きした小カブやビーツを毎日楽しんでます
06272009 ケール(前)スイスチャード(後)子蕪(左上)
06272009(2) リーフレタス

根元まで全部葉っぱを食べられたイチゴもがんばってるけど...今年の収穫は無理かな?
チンゲンサイは花芽を出し始めた(これも食べられるのかな? 菜の花みたいに..)
三つ葉は...成長おそい!! 遅すぎる!!
紫蘇と枝豆は...未だ発芽せず...気長に待ってみよう
まだまだ時間かかりそうだけど そのうち トマト ピーマン なす ししとう いんげん豆 おくら ズッキーニ きゅうり も収穫できるようになるのかな

ヨトウムシに根こそぎ苗を食べられる被害は 最近なくなりました
かわりにEarwig(小さなハサミムシ:一度に数十匹!)が 春菊 ケール 小カブ&二十日大根たちを 狙い撃ちしてむしゃむしゃ....
彼らは前に書いた「チリ&にんにく&コーヒー・スプレー」が大っきらいなようなので こまめに葉っぱにスプレーすると速攻で退散しました

さてさて うちは園芸ブログでも猫ブログでもなく「健康ブログ」のつもりなので なにかヘルス情報を...と思ったのだけど...畑仕事で疲れたのであたりまえすぎるひとことでお茶を濁すことにします

お野菜をいっぱい食べようね
(農薬とか使ってなかったら なおよろし)
作業の監視&害獣管理も楽じゃない... 06272009(3)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく
スポンサーサイト

気圧の変化

みなさん こんにちは
デンバーで1泊だけして昨日の晩に無事帰宅しました
おかげさまで永住権申請の手続きひとまず完了です(疲れた〜)

デンバーとデュランゴ間は 4000mを軽く越えるコロラド・ロッキーの山々を右に左に前に後ろに見ながらの絶景ドライブ
天気には恵まれなかったけど とってもきれかったよ
06232009 嵐をやっと通り抜けた

今回の1泊強行デンバー旅行(移民局の面接だから夫婦そろっての出張か?)では コロラド州西部の標高の高さ&気圧の低さ&空気の薄さをいつも以上に実感

まずは(デュランゴよりもは低いけれど)標高が高いことをニックネームにしているデンバー(マイルハイ・シティ...標高1マイル/1600m)に到着してからのこと
日本食レストランに行って日本酒をちょっと飲んでぐるんぐるんに酔っぱらう(標高が高い場所だと酔いやすい)

翌日の移民局での面接のあとは デンバーでわくわく素敵な子育てを楽しんでいらっしゃるgokiemiさん(米国コロラド発★ジャパメリカンに教えてもらったアジア食材店で 楽しいお買い物!
そのあとは天気も悪くなってきたし すごすごと帰途に
どこにでもいる年配バイカー  06232009(2)

途中 嵐の中の峠越えで「大根きむち」の蓋が ぱーんっ というすごい音とともに吹っ飛んだ
急な嵐で気圧がぐんっと下がったうえに もともと気圧が低い標高3000m地点をドライブ中だったので 入れ物内の少ない空気が膨張して蓋を押し上げたワケ
最初はタイヤがパンクしたかと思ったので キムチのすごい臭いが後ろからふわふわ〜っんと漂ってきた時には 笑いがとまらなかったです...

もちろん次の峠越え(ここも標高3000m)で インスタントラーメンのパッケージが破裂したときは とっても落ち着いて対応しましたよ(無臭だったし)
そういやLAで買ったカステラのパッケージも家では破裂寸前になっていたなぁ...

06232009(3) ぴちぴちぱんぱん

30分のお食事休憩を含めて7時間半のドライブ中 ずーっと耳の鼓膜もぽこぽこはじけておりました

夜10時には とにかく無事にデュランゴ(標高2000m)へ
お留守番をがんばった3匹と感動の対面...には全然ならず 全員ふてくされて出てきませんでした(だから写真なし)

最後に永住権取得お祝いに開けた赤ワインで これまた瞬時に酔っぱらい(だから標高高いと酔いやすいんだってば...)気持ちよく一日を終えました

気圧の変化にほんろうされた2日間だったなぁ...
(今 低地でマラソン大会に出たら ものすんごい記録が出せるかも!!)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

業務連絡

永住権申請(グリーンカード)の面接のためにデンバーの移民局まで出向きます
片道7時間半の サン・ホヮン山脈&ロッキー山脈越えドライブ
楽しんでくるんだそうな

06242009   またまたお留守番のぼく

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

自生植物ガーデニング

ぼくの庭の大部分は わっさわさの雑草ガーデン!

ここコロラド州南西部デュランゴ地域は 高地砂漠地帯
標高は2000mあるので朝晩や冬はとっても寒くて冷えるのだけど とにかく空気がからっからに乾燥していて昼間や夏場の気温はかなり上がる
土は 水を含むとどろどろ 乾くと石のように固くひび割れる「粘土質」
もちろん育つ植物の数も限られてくるし 水やりもたいへん 
(敷地内の井戸のお水なので水道代はタダだけど 井戸を枯らすと大変なことに!)
そんななか 放っておいてもぐんぐん育つ雑草たちは 困るくらいのびのび

06232009  カッパーマロウ

お野菜はできるだけ新鮮なものを自給したいし もらいもののお花の球根もあるし 単なる木の枝にしか見えない小さな苗木たちも大きく育つところが見てみたい
でもやっぱりその地域の気候や土の質などを無視したこれらの畑は すんごい労力を使うんだよね
野生の小さいあさがお 06232009(2)

こうやって手入れ&水やりをせっせとしている野菜畑やお花畑や苗木畑よりも うんとうーんと元気なのが自生植物たち いわゆる雑草
このエリアの気候を快適に感じる植物だけが繁殖してるわけだから 全くの手入れ知らず
06232009(3) 砂漠といえばサボテン Prickly Pear Cactus

裏庭を散歩していて自然のお花畑を見つけると ちょっとだけ話しかけたり(危なくない程度に) 少しだけ摘ませてもらってコップに生けたり....
06232009(4)  Yellow Salsify

ストレス・フリーで ただ!の雑草ガーデン
お庭がない人も ちょっと街を歩いて自生の雑草たちを愛でてみようよ
気持ち安らぐいいにおいがするよ  06232009(5)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

最近のジャスパー

ジャスパーお兄ちゃん(21歳♂猫)が むちゃくちゃな高血圧による網膜剥離で一時的に視力を失ったのが去年の10月末(詳しくは ここ とか ここ
ご飯を全然食べなくなって家族全員「お別れ」を少し意識したのが3月はじめ
ここ とか ココ とか ここ とか ここ 6日間も半寝たきりでほんと辛かった)
2回とも 獣医さんが「残念ですが...」宣言をしたあと1週間後には「ミラクルよ〜!」と前言撤回せざるを得ない奇跡の復活を遂げたジャスパー

痩せて筋肉がなくなりよろよろ歩いていたお兄ちゃんだったけど
今はとっても元気で幸せそう!! 06222009

去年の10月末から高血圧の療法食(減塩・減リン・低タンパク)だったのだけど 3月に食事を拒んだ9日間のあとは 大好きなツナ缶汁 → ツナ(高タンパク・水銀含有!!)と ジャスパーの好物で「食べる意欲向上作戦」に

少しずつ少しずつツナに口をつけるようになってきたものの あの頃のジャスパーはものすごく痩せていた
今でも悲しくなるので 当時の写真は見られないくらい....
低タンパク&減塩療法食はおいしくないのか食べたがらない(ツナの後だと仕方なかったかも...)

まずはお肉をつけないと歩けなくなって寝たきりになっちゃう!
ということで もうこうなったらなんでも食べさせる!ことに
結果 おそらく健康にはほど遠いであろう大量生産の猫缶詰による食事になった
だって これしか食べないんだもん...

でも これが功を奏したのか最近のジャスパーは 寝てる時間以外は ずーーーーーーーっとご飯の催促(うるさいの これが)
ちょっとお肉もついて ご飯を求めてお母さんの後ろを早足で追いかけるまでになりました
早足だよ! 早足!

食事内容の大切さは痛いほどわかるし ジャスパーの身体にとってこれが最良だとは到底思えないのだけれど 好んで食べたいと思う物を好きなだけ食べさせてあげることにしました
腎臓をさらに傷めてしまうかもしれない 
高血圧がまた悪化して視力を失うかもしれない 
いろいろ考えるときりがないけれど ジャスパーが食べてくれなかったら意味ないし

というわけで ジャスパー兄ちゃん もりもり猫缶たべて 元気にしております
(療法食に戻るかもしれないから 今のうちに安い猫缶いっぱい食べるのよ〜)
06222009(2) 軽いエクササイズも欠かさない!

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

Happy Father's Day!

Happy Father's Day!!

とっても大切で大好きなお父さん
顔を突き合わせて直接「ありがとう」が言えないのはすごくはがゆいけれど きっと伝わってるよね

You are the BEST!! I love you!

06212009 世界中のお父さん おつかれさま!

トトロさん(ぼくのお父さん)は 夏至(Summer solstice)が一年でいちばん好きな日
今日はおもいっきり昼も夜も屋外で自然と戯れるの〜♪

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく


*************
(追記)

ホワイトハウス発行のメーリング・リストに参加しているのですが、父の日に寄せてミシェル・オバマ大統領夫人からのメッセージが送られてきましたので添付します
改めて お父さん ありがとう

The White House, Washington

Happy Father's Day,

I’m writing to share a special video of Barack talking about fatherhood, but first I want to share some thoughts of my own.

My father, Frasier Robinson, was the rock of our family. Although he was diagnosed with multiple sclerosis in his early thirties, he was our provider, our champion and our hero.

He worked tirelessly through good days and bad to make sure my brother and I had every opportunity he didn't -- to go to college and pursue our dreams. His example continues to guide me every day.

Barack didn't have my good fortune -- his father left when he was just two years old. But he has always been determined to give our daughters what he never had, and he values being a good father more than any other accomplishment in his life.

On Friday, Barack brought some men (and a bunch of kids!) to the White House to talk about fatherhood. Check out a video of the event:

Happy Fathers Day

We all know the remarkable impact fathers can have in our children's lives. So today, on this 100th anniversary of Father's Day, take a moment to celebrate responsible fatherhood and the men who've had the courage to step up, be there for our families, and provide our children with the guidance, love and support they need to fulfill their dreams.

Thanks,
Michelle

エコ?

これまでも海の外から見ていて日本の政府には「いらいら」じれったく感じることが多かったけれど 新型インフルエンザに対するお粗末な対応には ほんとうに「むきーっ!」となったお母さん
ついでにもうひとつ文句が言いたいらしい(困ったもんだ...)

「エコ・ポイント制度」
最近まで全然知らなかったんだけど いったい何が目的なの...?

本当にエコロジーを考えるなら まだまだ使えるエアコンやテレビや冷蔵庫をゴミにして新しい物に買い替えるのではなく 現役の電化製品をもっと効果的に使ったり 使用量を減らす努力をするべきなんじゃないのかなぁ
なんだか国をあげて うそっぱっち「エコロジー」活動を推進しているようで変な感じ

例えばエアコンは 薄着になる・うちわを使う・風通しをよくする・窓にすだれやカーテンをつけて日よけする(特に西日)・氷をしゃぶる・髪の毛をまとめる・窓や壁のリモデルで家のエネルギー光熱効果を改善する・温度設定をほんの少し弱くする...などで使用量はぐんと抑えられて地球も喜ぶはず
冷え過ぎ室内でぶるぶる泣いている身体も とびあがって喜ぶと思う

冷蔵庫も庫内の温度設定を季節ごとに変えたり 詰め込み方を改善したりすることで ずいぶんと省エネになるはずだし 
テレビなんて 最近の大型テレビって電気をどんどん消費するのに どこが「エコ」なの?

そもそも「エコ」ってのは何の略?
エコロジーだよね
自然環境や生物生態とかを考えて 地球に優しい活動をすることが「エコ」活動だよね
エコノミー(経済・節約)の「エコ」じゃないよね 
自己満足の「エゴ」は絶対に関係ないよね

ぼくたちの健康にも大きく影響する自然環境を考えてそれを守る「エコ」活動 
新しい家電製品の販売促進「エコ・ポイント制度」ってのは よくわからない
景気がちょっと回復したところで 自然を破壊して結果的に健康を損なったら そっちの経済損失のほうが長期的に見れば甚大じゃないのかな?

この制度を導入するまでの経緯を全然知らないので お母さんが勝手に「?????」って混乱しているだけかもしれないし そうであって欲しい...

06172009 健康と環境は絶対に切り離せない!

ちょうど買い替えの時期にある電化製品を 新制度を利用して省エネタイプに切り替えるのには反対しないよ
でも 「エコ」って言葉が なんだか一人歩きしている感じの今 政府のお役人さんが率先して「勘違いエコ」をおすすめしてるのはおかしすぎる...

エコ・バッグやマイ箸 家庭菜園 生ごみ堆肥 雨水・風呂水再利用 リサイクル(再生)・リユース(再利用)・リデュース(使用減)...
なんでも無理なくできるところから少しずつ取りかかるのは 何もしないよりもいい
かっこいい とか はやりだから とか 理由はこの際どうでもいい
それでちょっとばかし鼻が高くなって自慢したりする人なんかも 「ぷぷ」って笑って許してしまえばいい
エコ・バッグを使わずにコレクションするのも 資源の無駄使いで本末転倒だとは思うけど それが自然環境や地球生態系について考えるきっかけになるのならば かまわない
完全なエコ活動って 便利さや安さが優先される今の社会では 逆にとってもお金や手間がかかって とてもじゃないけど普通の生活してる人には無理!だもん

個人のレベルでみんなこんなにいっしょうけんめいになっているのだから 国のリーダーさんには 単に魔法のことば「エコ」を乱用して満足するのでなく もっと真剣に環境保護に取り組んでほしい
大手家電メーカーさんが「エコ」を商売に利用するのを手助けするんじゃなくてね...

二酸化炭素排出削減を名目に もっと危険な放射能物質を放出する可能性のある原子力発電所をどんどん推進するのって変
日本のお菓子や食品の過剰包装をもっと簡素化できないのか
夜間のネオンサイン広告や自動販売機はほんとうに必要なのか
車の相乗りをすすめて交通量を減らす努力をせずに ETC搭載や高速道路使用を推進するのは変

個人レベルでどんなに「エコ」を心がけようと 国ができることとは規模が違う
良くも悪くも個人の生活や健康に大きな大きな影響を与えるのが 国の政策
うわべだけの政策乱立は許されるものではないと思うんです...(文句おわり)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

レモンバーム

摘んでも減らないレモンバーム 06162009

ミントの仲間なので 冬はむちゃくちゃ寒く夏はからっからの高地砂漠気候のデュランゴ地域(コロラド州)でも 雑草なみの繁殖力でぐんぐん育っています
(今年は2年目なので さらにしっかり根をはった様子...)

名前どおりレモンのさわやかな香りが気持ちいい葉っぱが わっさわっさと茂ります

うちでは 細かく刻んでサラダやサラダ・ドレッシングに入れたり アイスクリームやヨーグルトのトッピングにしたり ハーブティーにして飲みます
お茶は 生のままの葉と乾燥させた葉っぱでは 全く違う味のハーブティーになっておもしろいよ

レモンバーム(Lemon Balm: Melissa officinalis)は 1)神経をリラックスさせて 2)睡眠を誘導したり 3)消化を助けたりするほかに 4)末梢血管を軽度に拡張して血圧を下げたり 5)活発になりすぎた甲状腺刺激ホルモンの働きを抑える効果があるとされています
また 6)発汗を促して解熱を助け 7)一部のウィルスに対する抗ウィルス作用があると考えられているので 欧米では子供にも安心な風邪対策ハーブとして使われることも

とにかく良く育つハーブ(悪くいえば 雑草化する困った子)だし 虫もつきにくいので 植物を育てるのがすごい苦手なひとにもおすすめします
葉っぱをつめば摘むほど 脇からぐんぐん新しい葉がでてくるよ

06162009(2) つみすぎても平気!

(とっても安全なハーブだけれど 高濃度のアルコール抽出液を高用量&大量に使うのは 低血圧のひと・甲状腺機能低下症のひと・妊婦さんは控えましょうね)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

のんびり日曜日

ジュニパーの実が らすかるの頭にこつんっと落ちた
状況が把握できない彼は 次の攻撃にそなえて緊張状態...
  犯人(じゅにぱー)はうしろ...
ジュニパー(Juniper ヒノキ科西洋杜松:セイヨウネズ)
ジンの香り付けの他に 収れん作用・抗菌作用・利尿作用をもつハーブとして使われる

畑でとれたお野菜(ちょびっとだね) 06142009(2)  

今日の収穫は(時計まわりに) リーフレタス 小さな小さなブロッコリー 穴だらけのスイス・チャード レモンバーム 写真にないけど 青ねぎとチンゲンサイ
(後ろに写ってるのは ぴっかぴかの炊飯器♪ SSKご夫妻からのウェディング・ギフト 
ありがとね! ほかほかうまうまに炊けたよ〜 )

農薬も化学肥料も使っていない お母さんとトトロさん(お父さん)の苦労の作品
うちの畑のお野菜たちは 野うさぎやねずみや鳥や虫さんと共有なので ぼくんちの食卓にのぼるのは ほんの少し...
でも安心して食べられるのが すごくうれしい
とっても甘くて柔らかくておいしかった

のーんびりした日曜日でした
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

神戸は元気なの!

「拝啓、神戸は元気です」 PR絵はがきを発送 (神戸新聞6月13日)
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/0002015252.shtml

拝啓 ぼくも元気です 06132009

最初の国内患者さんを報告したばっかりに いわれのない風評被害にあった関西地区
旅行のキャンセル&観光客減少で ものすごい経済損失だったとか

新型インフルエンザA(H1N1)は 今でもどんんどん広がっています
アメリカ・メキシコでの患者確認から たったの2ヶ月で世界中に広がり(フェーズ6パンデミック) 国内患者発生から1ヶ月でほぼ日本全国で患者が発生していることからもわかるよね

リンク記事中にある「インフルエンザ さようなら」というのは現実を無視した安易や表現だとは思うけれど 神戸・大阪訪問を避けたところで インフルエンザウィルスはあなたのもうすぐ隣にひそんでいることを忘れてはいけないと思います
感染したって あなたの責任でも 保護者の責任でもありません
「自己管理がなっていない」とか批判する人もいるかもしれませんが そういう人は「インフルエンザウィルス」というものの特性がよくわかっていないだけ

過去のパンデミックの経験からしても これから3〜5年の間に ほとんどの人が症状のあるなしに関わらず新型ウィルスに感染すると思う
そんな状況で「ほら感染した。無責任な行動とったからだよ」なんて批判するのが どんなにアホらしいことか誰にもわかるでしょ

感染を故意に拡大させるような行動(咳エチケットがなってなかったり 感染者がむやみに人混みに出るなど)は批判されて当然だし 慢性疾患をもつ人たちや免疫力の弱い人たちが 危険を最大限回避するために外出を控えたりするのは必要な自己防衛かもしれない

でも一般のひとが 目に見えない微小のインフルエンザ・ウィルスをひとつひとつ避けて過ごそうとしたり 感染者や地域を腫れ物のように扱うのは異常
最近のニュースでも 九州の感染者の行動の詳細を発表するなど人権侵害が続いているけれど...どうして発症して苦しんでいる彼の人としての権利を守って ひとこと「おだいじに」と言えないのか

行動追跡で感染拡大がある程度防げる感染症もあるけれど インフルエンザは違う!
だからこそ 強毒性の鳥インフルエンザがヒト−ヒト感染力を獲得することがとても心配なのであって 今回の弱毒性インフルエンザ流行で大騒ぎしちゃだめなの
第2波もやってくるけど 落ち着かないといけないの
以前のように 神戸の魅力をたくさんのひとに楽しんでもらえる状態にならなきゃ

みなさん 神戸はいいところだよ!
神戸のみんなもがんばってね    I♡KOBE

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

ワクチン・パニックを防ごう

WHO(世界保険機構)は フェーズ6移行前から一貫して「季節性ワクチン生産を必要量充分確保できるまで続け その後迅速に新型インフルエンザ対応ワクチン製造に切り替えていく」ように指導しています

06122009 最近ずっとここにいる(本文と関係なし)

いずれにしても新型ワクチンが臨床市場で使用可能になるまでには最低でも数ヶ月(4−6ヶ月)かかるの
まずワクチン用のウィルス株を数種類選定して少量の臨床試験用ワクチン製造を始めます
(報道では 既に候補ウィルス株がワクチン製造メーカーさんに送られているとか)
次に臨床試験(実際の使用への安全性と効果を確認するため)を行って その結果を基に厚労省からOKが出たら大量生産ライン稼働開始というわけ

で ワクチンが流通可能になると 国内では厚労省の指導のもとで緊急性の高い人・場所から順番に配布されていきます
また地球規模で見ると WHOが 発展途上国や国内でワクチン生産能力のない国々にも分配できるように国際協力を求めているので 一部はこういった国に搬送されるのかもしれませんね

はい そうです
第2波が来るだろう今秋/冬の時点で 全員をカバーできるだけのワクチンなんて当然確保できませんし そもそも確保する計画はありません
マスクがなかなか手に入りにくくなったように ワクチンも希望者全員が受けられるわけではないのです
必要な人達に(国境関係なく)優先的に配られるべき物 それがワクチン
(効く効かないは別として)

「ワクチン求めてパニックにならないようにね」 と強調しておきたいな〜

もともとワクチンは「感染予防」ではなく「重症化予防」効果を見込んで使用されるもの 
ワクチンで感染を完全に防ぐことはできないけれど 抗体免疫を作っておくことで症状の発症を抑えたり 症状が重症化するのを防ぐんだね(軽い風邪のような症状で済む とか)

だから 医療従事者のほかには 重症化が懸念される人(ハイリスク患者)に優先的に接種指導されます 
一般的に シーズン前のインフルエンザ・ワクチン摂取が推薦されているのは次のようなひとたち

* 慢性呼吸器疾患をもつ人 (喘息 慢性閉塞性肺疾患など)
* 慢性心疾患をもつ人 (先天性心疾患 慢性心不全 虚血性心疾患など)
* 慢性肝疾患をもつ人 (肝硬変など)
* 慢性腎疾患をもつ人
* 免疫抑制状態にある人 (HIV/エイズ 抗がん剤や長期ステロイド投与といった免疫抑制作用をもつ薬を使用している場合)と その家族
* 大勢と共同生活をしている人(刑務所 老人ホーム 学生寮など)や 長時間を共にする人(保育園児や各種学生さん)
* 妊婦
* 年配の方(65歳以上)
それから
* 医療従事者 (自身の疾病予防と患者さんへの感染拡大予防のため)
* 保健所やお役所などで行政指導をする立場にある人や 税関・検疫官 それに警察官や消防士さんなど 

その他にも 先に述べたように発展途上国や医療途上国のひとたちにも 優先的にワクチン配布されるべきでしょうね
こういった国では いったん感染者が発生するとまたたく間に感染拡大する危険性があるし もともと基礎疾患をもつ人や妊婦さんの定期検診なるものも存在しないので 多数の重症患者さんを出しちゃう可能性が否定できないから
(各国がばらばらに自国の利益だけのために行動するのではく「地球人」として共生しなきゃぁね)

もういちど最後に繰り返すけど...
ワクチンは感染を完全に防ぐものではなく 重症化を防ぐことを目的に使用されます
インフルエンザ予防に本当に有効なのは 正しい情報収集 健康的なからだ(充分な栄養と水分と睡眠&運動) そして手洗い・うがい だよ
ワクチン・パニックは避けようね!

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

フェーズ6だって

新型インフルエンザA(H1N1)の世界的流行(フェイズ6パンデミック)が宣言されましたね
WHO発表内容(英語):http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2009/h1n1_pandemic_phase6_20090611/en/index.html

約40年ぶりに新しいインフルエンザウィルスの大流行に直面するわけですが (前回は1968年だった....ということは翌年産まれたお母さんはこの大流行をくぐり抜けて誕生したわけだ!当時妊婦さんだったお母さんのお母さん あっぱれ!)

フェーズ6とは「世界の2地域以上で 人から人への感染蔓延が見られる」ことをさしていて 警戒水準があがったことと「命に関わる危険性」や「ウィルスの重症度」は関係ありませんよ
WHO発表では 2009年A(H1N1)の毒性(Pathogenicity)は弱毒性で 重症度(Severity)は重度・中等度・軽度のなかで 現在のところ「中等度」としています

これまでの発表どおり 大部分の感染者の症状は通常の季節性インフルエンザとほとんど変わらないということ
冷静を呼びかけると同時に 慢性の基礎疾患を持つ人や妊婦さんなどハイリスク患者さんには 引き続きの注意を促しています

また今回 はっきりと第2波の流行を警告しています
多くの人が短時間で世界中を移動できる現在では やっぱりやむを得ないでしょうね
「さらなる感染拡大は避けようが無い」と きっぱり言い切ってます
医療のすすんだ先進国では これまでのスペイン風邪やアジア風邪第2波のような大量の死者を出すことはまずないと思うけれど やっぱり心配なのは発展途上国や医療途上国

WHOも 今後発展途上国&医療途上国で大流行し被害が拡大する可能性に言及するとともに 医療設備&スタッフや検査薬や治療薬・ワクチンなどの分配に 各国の協力を呼びかけています

06112009 助け合い〜 むにゃむにゃ

おそらく日本の厚生労働省のお役人さんにとって耳が痛いのは WHOがはっきりと「世界的大流行が確認された現在では 詳細遺伝子検査や情報収集(渡航歴やら濃厚接触者の割り出し等)に時間をさくのはリソース(人材・施設・時間・お金等)の無駄使いであり 重症患者治療やハイリスク患者さんの保護といった医療環境や患者さん管理に重点を置くべき」と述べている部分でしょう

オンライン版朝日新聞の記事によると この決定の前に厚労省担当者は フェーズ6が宣言されたら「これまでの(政府の)方針に沿って、感染拡大防止に努める」と述べていたそうだけど....縮小して(?)継続中の空港検疫とか 関西以外の患者さんの入院隔離や過剰な患者追跡などを すぱっと変更する勇気はあるのかなぁ...

今回のフェーズ6への引き上げをきっかけに はやく一本筋の通った方針をたてて欲しいところですね

マーガレット・チャンWHO事務局長も
We are all in this together, and we will all get through this, together.
(今回のインフルエンザ流行に関して)我々はすべて同じ舟の上。 共に力を合わせていっしょに乗り越えるのよ!

と 言ってるし...
「Japan」のばたばた個人プレーは 先進国の一員として恥ずかしいだけだと思います

(追記)
ありゃ 今日の夕方のニュース... フル・パンデミックに30秒しか触れなかった...
(明日は 気が変わらなかったらワクチンと抗ウィルス薬について書こうかな...)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

ただ今ニューメキシコ

トトロさん(お父さん)のお母さんがニューメキシコに滞在中なので 急遽合流...
デュランゴからは3時間半のドライブでサンタ・フェに到着

カメラの画像が取り込めないので コンピューターに保存してある写真2枚でムービーを作って遊んでいます(トトロさんが)
(国内で時差のあるアメリカ。東海岸から来たお義母さんは8時前にダウン。暇だ...)

jumpingrascal 留守番は好きじゃないっ!(じたばた)

明日の晩には 車にアジア食材をいっぱい詰め込んで帰るんだ〜♪

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

たいへんな有機栽培

今晩の最低気温予報が1度(?!)の 涼しいコロラドからこんにちは

やっぱり健康は食事から! 
うちにも家庭菜園があるのだけれど...小さいくせにこれがすんごい大変

いとこのTちゃん&旦那さんSくんが いろんな日本のお野菜の種をくれたのが2月 
トトロさん(お父さん)も倉庫から4年越しの古い種をごそごそひっぱり出してきた
3月中旬から少しずつ部屋の中の簡易温室で種まきを始めたのだけれど...

まず気温....寒すぎ!
4月中旬に雪が舞った ここコロラド州デュランゴ地域
寒さに強いらしいレタスやキャベツ・ケール・スイスチャードを5月はじめに外に移植するも全然育たない!!
5月下旬になってようやく伸びだした...
直接外に蒔いた種もこの頃から発芽し始めて やっとお水やりが楽しくなってきた♪
(どうしても育てたい夏野菜の紫蘇は 外に移植したのは寒さでだめになり 直播き種はまだ発芽せず....)

06072009 畑パトロールよりも鳥に夢中

で 暖かくなってきたら 今度は虫 ムシ 虫
今 野菜畑になっている所は去年まで雑草ぼーぼーだった場所なので いろんな虫たちが潜んでいる様子で...
ぼくと違ってお母さんはあんまり虫が得意ではないので 泣きそうです

ここ1週間 ケール・レタス・ブロッコリー・豆類・トマト・いちご・オレガノ と立て続けに せっかく育った苗の葉っぱが根元からばさっと切られたり 発芽直後の新芽が一晩で消える被害続出
本を開き 園芸療法セラピスト(horticulture therapist)のお友達に相談し 夜中に懐中電灯照らしてお庭をチェックし....見つけたのが巨大な蛾の幼虫(cutworm:ヨトウムシ?)
あ〜思い出しただけでも気持ち悪い まるまるむちむちの彼ら...

健康のための家庭菜園なので 化学薬品を使わない「有機栽培」にしたい 
強い薬品で一網打尽!ってわけにいかないので まぁ手間がかかること...
これまで試したのはこんな感じ(他にもアドバイス大歓迎です)

1)コーンミール(トウモロコシ粉)を苗のまわりに
cutwormがそれを食べると お腹のなかでコーンミールが膨張して結局死んじゃうらしい
夜中に見に行くと コーンミールの中で嬉々とお食事中のヨトウムシ発見
すぐにお箸でつまんでゴミ箱に捨てたので...その後どうなったのかはわかりません
というか コーンミールはコオロギやらダンゴムシやらバッタやら とにかくいろんな虫の食卓になっておりました
彼らのおなかの中でも膨張したのかぁ....?

2)紙筒を苗のまわりに
ペーパータオルやアルミホイルの芯を短く切ったものを苗に通して 茎部分をカバー
下側をしっかり地面に埋め込んでいるとヨトウムシは茎にたどりつけないみたいで けっこう効果的
でも全部の苗を囲うには 芯が足りない! 
自分で工作するのは面倒なので 立派な苗を守るのに使ってるのだけれど なんだか苗を選り好みというか平等に扱っていないようで少し罪悪感...

3)チリペッパー&にんにくスプレー
辛い唐辛子数本とガーリック数片をお水とコーヒーに入れてミキサーでガガガーっ
濾したものを直接スプレー
あまりに刺激が強すぎて 取り扱いに注意が必要かも...
(使用後に目をこすったアホなお母さん...)
遠慮気味にスプレーした小さな苗数本が翌日に消えていたので しっかりスプレーしないといけないのかなぁ
一応今の所 唐辛子やニンニクそのものの刺激による野菜被害は出ていません
バッタや小さな虫たちは ばたばた逃げて行きましたよ
ある程度はヨトウムシにも効果があるように思います
でも これ 効き目は短いので 週に数回はスプレーしないといけないみたい...

06072009(2) Tちゃん&Sくん チンゲンサイ収穫間近!

ものすごく大変な有機栽培
農家さんって ほんとうにすごいなぁ と思います
これからは高いお値段にも文句を言いません....(たぶん)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

1周年!

6月6日は ぼくのブログの1歳のお誕生日♪

みなさんの応援がなかったらぜったいに続けられなかったです
コメントやメールも本当にありがとうございました!

こころも身体も健康で幸せでいられるように少しでもお役に立てたらいいなぁ と思ってブログを始めたのだけれど... 
最近はそれよりも 世界中のみんなとつながっていられることの方が すごく嬉しいし大切に思える

こうやって書いているブログの向こう側に ぼくのお友達がいるんだなぁ って考えるだけで幸せになれるの
とってもとっても感謝しています
ありがとう

そして これからもよろしくお願いします

06062009 のんびりまったり続けていこう...

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。