スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫とエッセンシャルオイル

雨が多かった先週までとうってかわって・・・・いいお天気が毎日続いています

06302011 ナツツバキ
Japanese stewartia シャラノキ

庭のアジサイの仲間たちも先週の雨を喜んだみたいね
ツルアジサイがまず咲いて・・・・

ツル伸び放題 06302011(2)

そのあとは こちらのガクアジサイが

06302011(3)
赤いジャパニーズ・メープル(いろは紅葉)とのコントラストがきれい

06302011(4) あっぷ

お母さんが庭で雑草を抜いたり写真を撮ったりしている間 ぼくは久しぶりにパティオ散策
ハーブガーデンのセージやチャイブをくんくん臭いチェック

06302011(5) おしり失礼!

以前にお話したように お母さんと獣医さんが ネコ用虫除けスプレー(マダニ:Tick対策)について「あーでもない こーでもない」と話しあっていたのですが 結局 猫は 虫除けになるエッセンシャルオイル(精油)を 肝臓で上手に代謝できないため ラベンダーとペパーミントをものすごくものすごく薄く水で希釈したものを お母さんの手にまずつけてからぼくの毛(首のうしろ)を軽くなでる という方法をとることにしました

(人間用虫除けによく使われる シトロネラ ティー・トゥリー レモングラスは 特にネコへの危険性が問題視されているので除外)

精油は 揮発性の香り成分を人工的に凝縮したもので 人間でもそのまんま口に入れると危険なものが多いのですが 猫の場合には特に肝臓での代謝酵素が欠けているために 精油の副作用が強く出てしまいます

また猫の皮膚は毛(毛穴)が多くて ケミカル成分をとっても吸収しやすいの
だから皮膚にもできるだけ塗らないようにね

猫に精油は極力使わないように(シャンプーなども精油や香料の入っていないものを使う)っていうのはここ数年間特に話題になっているけれど(注:アメリカ) 家でアロマオイルを使ったりする人は その保管にもよく注意してくださいね

ただ 獣医さんも 人間のお医者さんのお母さんも ごくごく微量を今回のように毛に軽くつける方法は 化学薬品の虫除け・殺虫成分と比べるとはるかに猫の肝臓に対する負担は少ない ということで合意しました
(いやいや 完全家ネコにしてしまえばすむ話なんだけどね)

そして お母さんがぼくのまわりで精油を含んだ虫除けスプレーを使うことも ケミカルの虫除けスプレーと比べ 人にも猫にも安全だろう ということで納得

今回 マダニ・ノミ駆除剤にぼくが接触性皮膚炎を起こして いろいろネコのまわりの合成&天然のケミカルについて考えさせられました
と同時に インターネットに氾濫するいろいろな「情報」にも悩まされました

「精油を舐めて飼い猫が中毒症状を起こして死にかけたので 精油はネコには絶対ダメ!」という記事を獣医さんといっしょに読んで 「DEET(ケミカルの虫除け成分)やメトプレン(ノミ・ダニ駆除剤)をそのまんまネコが舐めたら中毒症状どころか死んじゃうかも・・・だからって絶対ダメとは言わないよなぁ〜」なんて同時にぼやいてみたり・・・

要はなんでも「使い方」
大切なひとや猫に使うものは 「何を」「どのように」使うのか できるだけ多くの情報を元に判断していかないとね
不安な場合には 獣医さんやお医者さんなどの専門家にどんどん相談してね

精油成分を多く含むヒノキ(ジャパニーズ・サイプレス:Japanese cypress)の葉っぱを 恍惚とした顔でくんくん嗅いでみたけれど このくらいは全然平気だよ!

06302011(6) あ〜 ヒノキの香り 日本の香り

それにしても・・・・
ぼくんちの前のオーナーさんは、ジャパニーズなんたらっていう品種が好きだったのかな?

ジャパニーズ・ドッグウッド(ヤマボウシ)
ジャパニーズ・メープル(いろは紅葉)少なくとも4種類
ジャパニーズ・サイプレス(ヒノキ)
ジャパニーズ・ステュワーティア(ナツツバキ/シャラノキ)
そして ガクアジサイは日本原産

もっと何か出てきそうだなぁ 楽しみ♪

(参考過去記事:にんげん用虫除けスプレー)

天然成分で虫除け http://rascalthecat.blog124.fc2.com/blog-entry-5.html
天然成分で虫除け2 http://rascalthecat.blog124.fc2.com/blog-entry-7.html
手作り虫除けスプレー(改)http://rascalthecat.blog124.fc2.com/blog-entry-430.html


FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう
スポンサーサイト

エビニーザー デュランゴへ

小さな花柄缶に入ったエビニーザーお姉ちゃん(享年24)
トトロさん(お父さん)と飛行機に乗ってコロラド州デュランゴへ

デュランゴの家の庭には 2年前に先に虹の向こうへスキップしていったジャスパー兄ちゃん(享年21)が眠っています
そして今朝 その隣にエビニーザーお姉ちゃんが合流〜

20年間いっしょに暮らした2匹は デュランゴの庭でこれからもずっとずっといっしょ

06292011 ぺちゃんこ鼻

おすまし顔 06292011(2)
すました顔のほうが 笑顔よりもダントツでかわいかったエビニーザーお姉ちゃん

06292011(3) 散歩は5分

それ以上になると「帰る〜」コールで 一歩も動かず

帰るのっ! 06292011(4)

途中から仲間入りしたぼく らすかるとは いつも少し微妙な距離感だったけれど ジャスパーが旅立ってからは小さなスキンシップをよくしたね

緊張する弟 06292011(5)

最後のクリスマスは トトロさん実家で人間4人+ねこ4匹で賑やかに過ごしたね

06292011(6)

これからもぼくたちの心の中で永遠に生きるエビニーザーお姉ちゃんとジャスパー兄ちゃん
コネチカットでのぼくたちを空の上から見守っていてね

06292011(7)

ずっとずっと We love you... and miss you
君たちのぬくもり 絶対忘れません

水に想いを馳せる午後

今日 日中は 梅雨の晴れ間といった感じの清々しいお天気
(ただいま 夕立が通過中)
このまま夏になるのかな?
それともまた雨ばかりの毎日に戻るのかな?
まだまだこの辺りのお天気に慣れなくて 庭作業の予定がうまくたてられません

ここコネチカット州は 高地砂漠気候のコロラド州デュランゴと違い 雨が多くて緑が豊か
ううん 緑だけでなく いろいろな色のお花があっちこっちで咲いています

06152011 ヤマボウシ
Japanese Flowering Dogwood ジャパニーズ・ドッグウッドが満開

山月桂樹 06152011(2)

コネチカット州の州花 マウンテンローレル(Mountain Laurel)も花盛り
ネイティブ・アメリカンは マウンテンローレルの葉をつぶしたものをポイズン・アイビー接触性皮膚炎の炎症に外用薬として使ったんだって(食べたらダメだよ!毒だからね!)

06152011(3) Peony
根っこの部分が有名な生薬シャクヤク(解熱・鎮痛 ケガの止血・抗菌 筋肉弛緩作用)

「いろいろな色のお花」とかいいながら ボクんちに咲いているのは白が多いね
前のオーナーさんの好きな色だったのかな?

06152011(4) 白くて可憐な Iris

日本語のアヤメ・花菖蒲・カキツバタは 英語だと全部アイリス
この子は・・・・花しょうぶ・・・・かな? 漢方薬の菖蒲とは全くの別物

野生化ベリー 06152011(5)

一見すると ポイズン・アイビーそっくりのラズベリーもしくはブラックベリー
というか たいていいっしょに群生しているような・・・(この写真には見あたらないけど)
葉全体に細かいギザギザがあり 茎にトゲがあるので ポイズン・アイビーではないことはわかるけど この子がラズベリーなのかブラックベリーなのか 見分け方がわかりません

実ができたらわかるんだろうけど 判別する前に野生動物たちに食べられちゃいそうだね

06152011(6) ばら
やっと白以外の花の写真がでてきた〜
よく見たら 葉っぱが虫食いだらけ(にんにく唐辛子スプレーをまこう!)

こうやって植物を愛でていると 『水』って生き物にとって本当に大切なんだなぁ と改めて思います
アリゾナ&コロラド と 中西部の乾燥地帯に長い間住んでいたから余計に

植物だけじゃなく ぼくたちネコや お母さん&トトロさん(お父さん)のような人間にも 生きていくために絶対必要な水

水を汚すことは そのまま僕たち自身の健康をおびやかすことに直結します
いや 水だけでなく 土や空気の汚れも同じこと

ぼくんちの飲み水は井戸水なので 家の北西側(井戸のある側)のポイズン・アイビー処理には強力な除草剤をまくことを躊躇しています
(周囲の生態系や井戸水 そして健康に影響を与えるので注意するよう ラベルにもきちんと明記されています)

ぼくやお母さんが噛まれたTick(マダニ)や蚊の問題もあるので 本当はいっきに殺虫剤を庭中にまきたいところなんだけど これも土や空気や水を汚染して生態系や健康にマイナスだし 庭にはハーブや野菜もちょっとだけ植えてあるので 自然のもの(にんにくや唐辛子やシトロネラ)をせっせとこまめにスプレーして対策してます

そうやって おそらくここに住んでいる僕たち以外にはほとんど影響がないようなことでジタバタしている一方で 広範囲にわたり大勢の人に長期間ものすごい苦労を強いている原子力発電所事故は まだまだ収束のメドが全くたっていないことをニュースで確認してやるせない気持ちになります

自然と共存していくのは大変なことだけど いったん汚してしまったらそれをきれいにするのにはとてつもない時間と労力がかかるから・・・

地下水が 雨水が 池や湖や川を流れる水が そして海のお水が これ以上汚れませんように
ぼくたちが毎日吸っている空気が 食べ物や自然が根付いている土が 地下水を濾過する大地が これ以上人間のエゴで汚されませんように

そんなことを願いながら ぼくたちにできることはなんだろう・・・と真剣に考え込む夕暮れ時

06152011(7) シンク大好き♪

蛇口をひねれば安全な飲み水がじゃんじゃん出てくる・・・・
ものすごくありがたいことなんだよね

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

連絡:メールフォーム

ブログのメイル・フォームから送ってくださっていたメイルがすべて「迷惑メイル扱い」でスパムフォルダーへ振り分けられていたようです
長い間 全く気づきませんでした

メールしたのに返事がないなぁ〜 という方は、お手数ですが再度メイルを送信していただけないでしょうか。
ご迷惑をおかけして申し訳ございません

らすかる & らすかる母

ほたる

ものすごい嵐&カミナリが州全体を横断したコネチカット(きのう)
その晩・・・・ 窓で休憩するホタルを発見

雷怖かった〜 06102011

ほたる って言われなきゃわからないよねー この写真じゃ・・・

ウェット・ソックス療法

日本で半年間仕事をしていた お母さんの弟分マイケル 
アメリカに帰国し 先週末 NYからぼくん家に遊びにきてくれました

その日以来 ぼくはゲストルームのベッドでごろごろコロコロするのがお気に入り♪

ごろごろ〜 06092011

06092011(2) 写真ダメ!

久しぶりの再会 はじめてのお泊まり客 日本滞在のお土産話 ほんとうに楽しい時間を過ごしたのですが〜〜〜
季節はずれのインフルエンザを 御丁寧に置いていってくれました♪

急な発熱(39度!)とひどいだるさ&関節痛を訴え寝込んでしまったのはトトロさん(お父さん)

家にあるものを使うのでインフルエンザ・プロトコールは毎回変わるのですが 今回は初日に

 ・アカネシア(エキネセア)&ゴールデンシール 高用量(風邪の場合の2倍量を水で薄め ほぼ2−3時間おきに6回)
 ・熱い生姜湯を1日に3杯ほど(正確に何杯だったかは覚えていない)
 ・それでも足りない水分は緑茶で補う
 ・お腹が減ったら冷蔵庫にあった グリーンオリーブのにんにく詰めをぽりぽり
 ・おやつ代わりにビタミンCのチュアブル錠
 ・ホメオパシー Oscillococcinum (アメリカでは普通に薬局&スーパーで買える)
 ・あまりに熱が高いので 首のうしろに冷パック
 ・そして 寝る前にウェット・ソックス(濡れ靴下)療法

2日目は もう熱がずいぶん低くなって食欲もでてきたので

 ・アカネシア&ゴールデンシール を2杯
 ・生姜湯を1杯 
 ・濃いめの緑茶をたっぷり一日じゅう 
 ・おやつはオリーブにんにくをぽりぽり か ビタミンCチュアブル錠
 ・お昼ごはんにチキン&キャベツ&人参スープ 
 ・晩ご飯に梅干しごはん と お昼のチキン&キャベツ&人参スープ残りもの
 ・寝る前にウェット・ソックス

といった感じで過ごし 3日目には全く普通の生活に戻りました

数年前 トトロさんが最初にウェット・ソックスを試した時は 半信半疑で「ジョーダンでしょ〜?本気?」と鼻で笑っていたけれど これが今ではけっこうなお気に入り

そこで 今日はこのウェット・ソックス療法のご紹介デス
(インフルエンザ・シーズンは終わったけれど 夏風邪なんかにも効果的だよ)

ウェット・ソックス療法とは・・・・・
冷たい濡れ靴下とあたたかいウール靴下を重ねて履くことで まず足表面をいっきに冷やし その後の血管拡張作用を利用して全身の血行をよくするもの

免疫力を高め 風邪やインフルエンザによる頭部のもやもや・ふらふら感 発熱 頭痛 不眠 副鼻腔の圧迫感や鼻つまり 喉の痛み 耳痛 などの症状を緩和するよ

用意するものは

くるぶしよりちょっと長いくらいの 薄手コットン靴下 1足
ウール100%(冬用・スキー用の暖かいヤツで 前記のコットン靴下よりも長いもの) 1足

コットン靴下をまず水に完全に浸した後 水が滴らないようにしっかり絞ります
靴下をはきやすいように かかとより上の部分をちょっとくしゅくしゅとしたら 両足分を冷凍庫に入れて充分冷やす

30分−1時間後 凍った靴下を冷凍庫から出して 少しもみもみしてほぐしてやり・・・・・・一気に履く!
冷凍コットン靴下をはいたら その上から乾いたウール100%ソックスを急いで履く
コットン靴下が見えないように 完全にウール靴下でおおうようにしてね

最初は「ぎょーひぇー冷てぇー」と大騒ぎするけれど すぐに足がほんわかしてくるはず

で そのまま寝る

足湯などの部分浴やサウナで 温と冷を繰り返して血行をよくする療法があるでしょ
あれの応用バージョンだと考えたらわかりやすいかな?

夜中に暑くなりすぎて無意識のうちに靴下を脱いでいる場合もあるけれど できたら朝までそのままで
翌日目が覚めた時の爽快感は ほんとうにすっきり気持ち良くて快感だよー
全身が軽ーくなったような感じになります

風邪やインフルエンザのひきはじめに ウェット・ソックス療法をお試しあれ
(風邪で鼻や喉の症状が強い場合には 鼻うがいもあわせて)

(注1: 寒さ&冷たさに極端に敏感な人は お水を絞ったコットン靴下を凍らせずにそのまま履いてください)
(注2: 長期にわたる寝たきり療養中などで気力・体力共に過度に消耗している方には ウェット・ソックスはお勧めしません)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

接触性皮膚炎

6月もあっという間に1週間 コネチカットのぼくの家では蛍がちらちら舞い始めました

あ もちろん写真はナシですよ〜
蛍が「ちらちら」ではなく「乱舞する」ような状態になったら お母さんのカメラでも何かが撮れるかもしれませんが・・・・・

で お昼間のコネチカットは暑いです
ものすごく蒸し暑い中 ぼくはリスとにらめっこ

06082011 むむむむむ

楽勝〜♪ 06082011(2)

ところで
ぼくの首の黒ポチの下 ピンク色の皮膚が露出・・・つまりハゲがあるのがわかりますか?

こないだ外から Tick(マダニ)を2匹拾ってきてしまったの
で すぐにダニ・ノミ駆除剤を肩甲骨の間に数滴垂らされたのですが・・・・・皮膚が過敏反応を起こして真っ赤になり 数日かけて徐々に毛がぽろぽろ抜け落ちた

ダニ・ノミ駆除剤そのものか溶媒に対する「接触性皮膚炎」だね

お母さんとトトロさん(お父さん)がすぐにシャワーで薬剤を洗い流し 皮膚炎用の軟膏(あ 例のお母さん手作りカレンデュラ軟膏です はい)を塗ったので 炎症(湿疹)は治まってきたのですが 自慢のモフモフ毛はさらに抜けてしまいました 

これからダニ・ノミの発生期だというのに お薬が使えないということは〜〜〜〜
またもや恐怖の外出禁止令!!!!
ただ今 お母さんの人間用手作り虫除けスプレーを ネコのダニ・ノミ除けにも使えるかどうか 成分を獣医さんと相談中
ダニ・ノミ駆除剤はいわゆる殺虫剤なので 身体には全然優しくないし 手間はかかるけれどできるだけ自然の成分でダニ・ノミを身体に寄せ付けない努力をしていこうと思ってます

06082011(3) 2回戦する?

ところで 接触性皮膚炎は 炎症がおこるプロセスによって「刺激性接触性皮膚炎」と「アレルギー性接触性皮膚炎」の2種類に分類されます

刺激性接触性皮膚炎は その名のとおり 酸やアルカリ(強い薬品やせっけんなど)尿のアンモニア(おむつかぶれ) 有機溶媒やグラスファイバーなどによる 皮膚への直接刺激が原因

いっぽうのアレルギー性接触性皮膚炎は 免疫反応が過剰におこって生じる疾患で トトロ家で最近問題になっているポイズン・アイビー(つたうるし)による皮膚炎や 金属(歯の詰め物やアクセサリー)アレルギー ゴム(ラテックス)アレルギー そして刺激性がさほど強くない化粧品への過敏症 などが例として挙げられます

どちらも原因物質に触れた場所にだけ 皮膚の発疹・かゆみといった炎症反応を起こします 

治療は対症療法(カレンデュラ軟膏 オートミール風呂 カユミのひどい場合には抗ヒスタミン作用のある軟膏 さらにひどい症状にはステロイド剤)

予防は 徹底して原因物質を避けること & 避けられない場合は皮膚を保護すること
万が一触れてしまったら 洗い流すこと

ポイズン・アイビーの記事に書いたことと ほとんど同じだね

ちなみに ポイズン・アイビー皮膚炎の水疱をつぶすとウルシオールが飛び散ってさらに炎症が広がる・・・・みたいな記述をネット上で見たことがあるのですが それはウソですよー
ぷちゅっとつぶした水疱の液体の中にはウルシオールは含まれてません
ウルシオールが微量に付着していた場所が遅れて炎症を起こしたり カユミのために引っ掻き過ぎてさらなる炎症反応を誘発しているだけデス

06082011(4) 2回戦は?
(らすかる・・・・・ ひょっとしてリスに舐められてる???  by 母)

あぁ〜 早く新しい毛が生えてきますように・・・・・

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。