スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春だキャンプだ2

子供の日を迎えて初夏の気配の日本からみると 春だ春だとうかれるぼくたちが変に思えるかもしれないね
コロラドはまだまだやっと春がはじまったばかりなんだよ〜
05052009 こどもの日???

さて ユタ南東部春キャンプ2日目は 朝ごはん&コーヒーして もういちどハイキング
テントをみおろす 05052009(2) 
このジュニパーの大平原(Cedar Mesa)で 標高2000mあります

そのあとテントをたたんで 本日の目的地ナチュラル・ブリッジ国立モニュメント(Natural Bridges National Monument)へ向けて出発
途中 グランド・ガルチ原生エリア(Grand Gulch Primitive Area)の案内所(レンジャー・ステーション)で 次回予定の渓谷ハイク&キャンプの情報を仕入れてナチュラル・ブリッジズに到着

ホワイト・キャニオンと呼ばれる深い渓谷のなかを流れる(流れていた)川が 数百万年という時間をかけて岩に穴をあけそれが貫通して巨大な橋状(アーチ状)になったものが3つあります
公園内のハイキングトレイルを歩くと 150mほど下の橋のふもとまでたどりつきます
05052009(3) ひとつめの橋に降りる途中

ネイティブ・アメリカン(インディアン)の遺跡あり 自然ありの素敵なトレイルだけど とにかくものすごい急勾配を降ります(そして当然ながらまた上がる)
05052009(4) 橋(Sipapu)の下から来た道を振り返る

ここにはまだ少し水が流れていたので 川(渓谷)沿いに少し歩いて遊んでお昼を食べてから 岩にはいつくばるようにして急勾配を駐車場までひきかえす...

ふたつめの橋(Kachina)は ハイクを断念して上から眺めるだけに...
義理母からのお守りふくろうと 05052009(5)

3つめ(Owachomo)は短いトレイルなので お母さんもがんばった!
05052009(6) いちばん小さな橋

それでもやっぱり近づくと大きい! 05052009(7)

これらの橋は 今でも小さな川の流れや風や雨の力で 少しずつ少しずつ削られ変化しているんだって
自然の力の偉大さに圧倒されながら 自然にいっぱい力をもらったキャンプ2日目でした

(そして家に帰ると 家にカンズメで文句たらたらの猫3匹がお出迎え〜)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。