スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェーズ6だって

新型インフルエンザA(H1N1)の世界的流行(フェイズ6パンデミック)が宣言されましたね
WHO発表内容(英語):http://www.who.int/mediacentre/news/statements/2009/h1n1_pandemic_phase6_20090611/en/index.html

約40年ぶりに新しいインフルエンザウィルスの大流行に直面するわけですが (前回は1968年だった....ということは翌年産まれたお母さんはこの大流行をくぐり抜けて誕生したわけだ!当時妊婦さんだったお母さんのお母さん あっぱれ!)

フェーズ6とは「世界の2地域以上で 人から人への感染蔓延が見られる」ことをさしていて 警戒水準があがったことと「命に関わる危険性」や「ウィルスの重症度」は関係ありませんよ
WHO発表では 2009年A(H1N1)の毒性(Pathogenicity)は弱毒性で 重症度(Severity)は重度・中等度・軽度のなかで 現在のところ「中等度」としています

これまでの発表どおり 大部分の感染者の症状は通常の季節性インフルエンザとほとんど変わらないということ
冷静を呼びかけると同時に 慢性の基礎疾患を持つ人や妊婦さんなどハイリスク患者さんには 引き続きの注意を促しています

また今回 はっきりと第2波の流行を警告しています
多くの人が短時間で世界中を移動できる現在では やっぱりやむを得ないでしょうね
「さらなる感染拡大は避けようが無い」と きっぱり言い切ってます
医療のすすんだ先進国では これまでのスペイン風邪やアジア風邪第2波のような大量の死者を出すことはまずないと思うけれど やっぱり心配なのは発展途上国や医療途上国

WHOも 今後発展途上国&医療途上国で大流行し被害が拡大する可能性に言及するとともに 医療設備&スタッフや検査薬や治療薬・ワクチンなどの分配に 各国の協力を呼びかけています

06112009 助け合い〜 むにゃむにゃ

おそらく日本の厚生労働省のお役人さんにとって耳が痛いのは WHOがはっきりと「世界的大流行が確認された現在では 詳細遺伝子検査や情報収集(渡航歴やら濃厚接触者の割り出し等)に時間をさくのはリソース(人材・施設・時間・お金等)の無駄使いであり 重症患者治療やハイリスク患者さんの保護といった医療環境や患者さん管理に重点を置くべき」と述べている部分でしょう

オンライン版朝日新聞の記事によると この決定の前に厚労省担当者は フェーズ6が宣言されたら「これまでの(政府の)方針に沿って、感染拡大防止に努める」と述べていたそうだけど....縮小して(?)継続中の空港検疫とか 関西以外の患者さんの入院隔離や過剰な患者追跡などを すぱっと変更する勇気はあるのかなぁ...

今回のフェーズ6への引き上げをきっかけに はやく一本筋の通った方針をたてて欲しいところですね

マーガレット・チャンWHO事務局長も
We are all in this together, and we will all get through this, together.
(今回のインフルエンザ流行に関して)我々はすべて同じ舟の上。 共に力を合わせていっしょに乗り越えるのよ!

と 言ってるし...
「Japan」のばたばた個人プレーは 先進国の一員として恥ずかしいだけだと思います

(追記)
ありゃ 今日の夕方のニュース... フル・パンデミックに30秒しか触れなかった...
(明日は 気が変わらなかったらワクチンと抗ウィルス薬について書こうかな...)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく

1968年、インフルエンザ大流行、そんなのあったの? 二人とも覚えていません。鳥インフルエンザは知ってるけど。

ですよね……本来は、ここでマスコミが、ある意味大騒ぎして注意を呼び掛けなきゃいけないのにまだピントはずれの対策(しかも現状維持て何?)に固執している姿はなんとも言えず虚しいものがあります。
フェーズ6ですから今以上の対応が必要になるはずなんですけど、国民の健康を人気取りパフォーマンスにしか使わない政府ですから……
個人的には手洗いうがいを習慣づけようかと。というか逆に新型インフルエンザには、今の内であれば、かかった方がいいのでしょうか? 軽症で、というか自覚症状もないかもしれないのに抗体ができるような記事を見かけましたから。それともこの理論は医学的根拠は乏しい?

>bambooさんへ

1968年は (鳥由来の)香港A型が新発生した年
世界で100万人 日本で2000人以上の死者だって
この時と比べて 今は衛生状態も医療技術もうんと進んでいるのに 大騒ぎになるなんて... 変だよね

>あまぎさんへ

いつも訪問ありがとうございます
パンデミックになった今の新型フルには おそらく3〜5年のうちにすべての人が感染して なんらかの免疫をもつようになりますよ
そしたら「季節性A型インフルエンザ」のひとつとして呼ばれるように 
インフルエンザウィルスってのは もともとそういうものなんですよね
(強毒性でない限り)

感染しても発症しない人がたくさんいるんだから.... あまぎさんも私も 実はもう感染済みで 抗体持っているかもしれませんよね
手洗い&うがいは 夏風邪予防にもいいですよ〜
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。