スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビタミンC製剤とミネラル

ビタミンC子さんから、こちらのビタミンC誘導体エントリーについて質問をいただきました

10252009 質問ありがとう

水溶性ビタミンC誘導体としては  リン酸-Lアスコルビン酸ナトリウム とリン酸-L-アスコルビン酸マグネシウム とではどちらの方がより効果的なのでしょうか?

質問中の「ビタミンCの効果」というのが 特に何を指すかがはっきりわからないので一般論でお答えすると......「大差なしです」

免疫力サポート コラーゲンやホルモン産生サポート 身体の中のいろんな化学反応の促進 抗酸化作用 老化防止 デトックス 美肌 傷の治癒力アップ など ビタミンCの働きはいろいろ
特に身体の内側からの効果を目指す場合には ビタミンCがしっかり吸収される必要があります

質問にある水溶性ビタミンC誘導体は 安定性を高めるためにリン酸を構造中に付加しています
でもそれだけだと酸(ビタミンC)による胃や皮膚などへの刺激が強すぎるのでナトリウムやマグネシウムなどのミネラルを加えた結晶に
これらは水に溶けると リン酸アスコルビン酸とナトリウム リン酸アスコルビン酸とマグネシウムというふうに分かれるのだけど ビタミンCとしては同じ成分(リン酸アスコルビン酸)なので効果に差は出ません

ここからは補足ですが....
人それぞれ個性があるように サプリメントやお薬の使用にも向き不向きが絶対にあるわけで それを無視しては「利よりも害のほうが多くなる」ということを強調したいです
特にサプリメントやお薬として内服する場合!
(美容製品として皮膚に塗布する場合は 血液中への吸収もそんなに多量ではない)

この水溶性ビタミンC誘導体や その他のビタミンC製剤には ナトリウムやマグネシウム・カルシウム・リンといったミネラルを添加しているものがたくさんあります
これらを服用すると 当然ビタミンCだけでなく各種ミネラルも口の中に入れることになるわけ

例えばナトリウムは 身体に必須のミネラルだけれど 高血圧 浮腫・むくみ 腎臓機能の低下などの症状がある人たちは減塩ダイエットによってナトリウムの摂取を低く抑えることがとても大切になってきます
ナトリウムを含むビタミンCの大量摂取は こういった人達にはお薦めできません

またマグネシムも 近年不足が指摘されているとても重要なミネラル
疲労 頭痛 便秘 肉離れ 喘息 腎結石予防 急性心筋梗塞などの心臓疾患 高血圧 不安 いらいらなどの症状に とても有効なのですが.....
便秘のおくすりとして使われることからもわかるように マグネシウムを含むビタミンCの大量摂取は 人によっては「トイレ駆け込み ぴ〜」の苦痛を伴います

リン酸にしても 骨の健康のためにカルシウムとともに不可欠なのですけれど 大量に摂りすぎると逆にカルシウムの吸収を阻害してしまう

こんなこと言っていると何が身体にいいのかよくわからなくなってくるけれど 大切なのは個人個人のニーズに合わせてサプリメントなりお薬などを選ぶこと
サプリメントは特定の成分が高用量に含まれている ということをしっかり認識すること
アメリカの一部の州で 自然療法が医師免許を必要とする医療行為とみなされているのはこのため

これからの季節 風邪・インフルエンザ予防のためにビタミンCの摂取を考えている人も多いと思います
サプリメントだって危険があるわけだから わからないことがあったらビタミンC子さんのように どんどん質問していきましょうね!

カブの切り干し 10252009(2)
ビタミンCなどの栄養をしっかり摂るために 豊作で持て余していたカブを切って乾燥させてみた
甘くておいしい〜♪

*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

らすかる母さん&らすかるさん(カワユス!!)
御返事有り難うございます。

言葉足らずで済みませんでしたが
ここで質問しました、水溶性ビタミンC誘導体
としての
「リン酸-Lアスコルビン酸ナトリウム」 と
「リン酸-L-アスコルビン酸マグネシウム」 は
内服処方成分では無く、外用処方として化粧水に混ぜた時に
どちらが刺激や拒絶反応が無く、また皮膚(特に顔)へ
の再生や、修復能力に長けているかと言う事です。

ケミカル成分にアレルギー反応が有り、皮膚過敏で
乾燥肌で、行き着く所手作り化粧水となりました。
手作りコスメの材料店でビタミンC誘導体には
「アスコルビン酸ナトリウム」と
「アスコルビン酸マグネシウム」をよく目に
致しまして、おのおのどちらも有効的そうですが
「アスコルビン酸ナトリウム」が美容外科では
主流とも聞きまして。
正直どちらをチョイスしたらいいか迷っています。
皮膚からの摂取なので、なめる訳にもいかず良く分かりません。
如何、御考察致しますでしょうか?

>ビタミンC子さんへ、

あらあら質問はやとちりしちゃって ごめんなさい

どちらも有効な活性成分は同じ(リン酸アスコルビン酸)なので、外用の場合でもコラーゲン産生効果や美白作用に差はありません
拒絶反応ですけど 極々まれにマグネシウムにアレルギー反応を起こす人がいます(特に金属アレルギーの人)

ここで一番大切なのは刺激なんですが...
酸性度の強いビタミンCは 皮膚への刺激が強い物質です
これは どんなミネラルがくっついていようと関係ありません

私は敏感肌の人への化粧水処方には ビタミンC外用は勧めません
外用は シェーバターやホホバ油などを使ったものか(最初はべたつくけれど すーっと吸収されるはずです) グリセリン水を軽く皮膚にたたき込む感じくらいの手入れで さわりすぎないようにします
保存剤としてのアルコールやビタミンEも極力避けます

どうしてもビタミンCを皮膚の健康のために追加したい場合は 内服にしたらいいと思いますよ
皮膚以外への効果もあって一石二鳥ですよ!

それから 基本的に私は口に入れられないものは皮膚にも使いたくないなぁと思ってます(ファンデーションを除く)
手作り化粧水のいいところは 原料がはっきりしていること
口に入れても安全なもので作れること にあるんじゃないかしら

ビタミンC誘導体 舐めてみてだいじょうぶですよ
(グリセリンとかシェーバターとかホホバとかも ごくごく飲むのは無理だけど ちょっと舐めるくらいはOKですよ)
ぴりりっと すっぱいですから 皮膚への刺激も想像できるのじゃないかしら

ビタミンバイブルを読むよりもわかりやすいです!本当に説明が上手ですよね~尊敬デス。
カブの切干おいしそう!! 日本でも干し野菜の料理本は人気です。やってみようっと!

>yukiさんへ、

かぶの切り干し、かぶを持て余していたから作ったんだけど、ものすごく甘くておいしいの!
今、ダンナさん出張でひとりだけだし、お料理するのもめんどうくさいので、そのまんまポリポリかじってます。
けっこう恥ずかしい姿かも〜。
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。