スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛍光灯と水銀2

忙しい日に限って 後片付けの大変なコンパクト蛍光灯を思いっきり割ったお母さん

きのうの記事に長々と書いたのだけれど 蛍光管内には水銀が少量含まれているので割れると気化して空気中に拡散します
おちびのぼくは少量吸っても影響大!ってことで 掃除中&掃除後 換気が完全に済むまで(というよりお母さんの気がすむまで)屋内禁止令!

大好きな外で 小さなバッタの赤ちゃんを大喜びで追いかけていたぼくだけど・・・
さすがに遊び疲れて とろ〜り まったり

05282010 うーん

そして爆睡・・・・・

05282010(2) 蚊に刺されても平気

で 昨日から「身体に悪い」「有害」だ と言いながら具体的な話を何もしていなかったので 少しだけこの機会に水銀の害について触れておこうと思います
(きのうの記事も参考にしてくださいね →ここ

水銀が身体に入る経路といえば 

経口:
割れた水銀体温計(今ではほとんどが電子体温計だよね)などの金属水銀の誤飲
水銀に汚染された食品(マグロ・くじらなどの大型魚 産業廃棄物で汚染された食品/例:水俣病における汚染魚介類)の摂取
(映画"The Cove"でやり玉にあがったイルカ漁の和歌山太地町の人たちの水銀量を調査すると 正常値の数倍以上だったって記事をどこかで最近見たのだけど・・・)

経皮:
ころころ転がる金属水銀を手で触って遊ぶ(?)

経気(吸入):
蛍光灯を割った際に気化した水銀や 歯の詰めもの(アマルガム)から気化した水銀を吸入

(他にも 一部ワクチンに水銀化合物が保存料として含まれるので 筋肉内や皮下注射を介して少量が体内に入ります)
などがあります

上記ひとつひとつの水銀被爆量はそんなに大きくないかもしれない(それを理由に行政は規制を怠っているように感じる)
でも人体組織と結合しやすい水銀は いったん体内に入るとなかなか簡単には排出できません
いろいろな経路から入った水銀は 自然な排泄が間に合わずに少しずつ「蓄積」していく可能性がある

また「蛍光灯やアマルガムに使われる水銀は無機水銀で 水俣病の原因やマグロに含まれているといわれる有機水銀(メチル水銀)とは別ものなのでだいじょうぶ」という意見も聞きますが 気化した水銀蒸気自体がとても危険なこと 口腔内や腸内の細菌や酵母菌によって無機水銀が有機水銀に変換されること 組織に結合した水銀が細胞機能に与える影響がはっきりしていないこと 臓器に蓄積した水銀が臓器機能に与える直接的影響が不明であること などを考えると 「だいじょうぶ」といいきる根拠がわかりません

(お母さんの友達の歯医者さんは 自分の子どもには絶対にアマルガムは使わない と断言していますからね)

事実 慢性疲労や精神・情緒不安定などを訴える患者さんに 水銀被爆のおおまかな目安となる毛髪テストや キレート剤を使った負荷テストなどを行うと 正常値をはるかに超える結果がでることがとても多いんです
(2年間臨床実習でお世話になったクリニックでは かなり積極的に重金属中毒の治療に取り組んでいました)

水銀との関連性が疑われている疾患と おのおのの水銀被爆経路との関係を調査するスタディはいくつかあるのですが 因果関係を確定するほどの結論には至っていません

でも ぼくのお母さんの経験からいうと(アメリカでは)慢性疲労 精神・情緒不安定 自閉症 小児の多動性疾患 シックハウス症候群などの化学薬品過敏症 重度のアレルギー 若年性アルツハイマー の患者さんに 体内の重金属濃度(特に水銀と鉛)が異常に高い場合が無視できないほど多い

これらを無関係だというのは 無責任すぎると思う
そして 水銀被爆の原因をひとつに絞るのはナンセンス
多種多様な経路からの蓄積こそが問題なんじゃないんだろうか

世界的にいろんな規制の動きが始まっていますよね
子どもや妊娠の可能性のある女性に水銀アマルガムの詰め物を歯科治療に使わないように薦める動き
妊婦への大型魚摂取(マグロのお寿司やツナ缶など)を控えるように働きかける動き 
妊婦・小児用ワクチンに水銀保存料thimerosolを含まない単回使用アンプルを製造する動き

これらを無視して「健康な大人には少量の水銀は安心♪」だなんて ぼくは絶対言えない!

「エコ」をうたって節約型コンパクト蛍光灯を推奨している今だからこそ 蛍光灯の廃棄に関してもきちんとした規制をしっかりして欲しい
燃えないゴミとして処理された蛍光管の水銀が 土壌や空気そして貴重な水をどんどん汚染していってしまいます
このままでは 何も安心して口に入れられないような状況になってしまう!!

(参考)
水銀中毒の症状:

頭痛 視力減退 痙攣 しびれ 振戦(手足のふるえ)感覚異常 平衡(バランス)障害 言語障害 運動失調 耳鳴り 発熱 悪寒 疲労感 呼吸困難 気管支刺激 肺水腫 下痢 嘔吐 腹部痙攣 肝不全 腎不全 など
また皮膚に触れると 皮疹や浮腫などをおこす可能性あり
内分泌撹乱物質(いわゆる環境ホルモン)であり 生殖器系・内分泌(ホルモン)系への影響あり
また 胎盤を通過するので 妊婦の水銀被爆は最小限に抑えるように指導されています

05282010(3) 亜麻の花

(お庭の亜麻(ブルー・フラックス)が咲き始めました
近いうちに(たぶん)「お薬としてのフラックス」について書く・・・かも)

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがと

NoTitle

らすかる母さん、こんばんは。
らすかる君、かわいすぎな写真ですね!

水銀については、魚に含まれているぐらいのことしか頭になかったのですが、蛍光灯にも含まれていたなんて全然知りませんでした。また、色々な病気にも関わっていることを知り、また1つお勉強させてもらいました。ありがとうございます!

それから、亜麻の花ってこんなきれいな花なんですね。初めて見ました。下にぶら下がっている部分にフラックスシードが入っているのかしら。

亜麻の花はほんとに可憐でかわいい♪

>kikiさんへ、

こんにちはー。
わはは、「記事にする」とか言いながら、すっかりフラックス・シードのこと忘れてました・・・。
kikiさん、思い出させてくださってありがとうございます!

この写真でぶらさがってるのは、つぼみたち。
でも、種もこんな感じでぶ〜らぶら。そっくりですよー。
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。