スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お薬としてのリンゴ

というわけで 昨日書きかけだった「りんご」のお話
「リンゴで医者いらず」と言われるワケを りんごの成分から探ってみましょ

植物繊維(ペクチン & セルロース)
りんごにたくさん含まれるペクチンは水溶性植物繊維(こちらの記事も参考まで)
水溶性植物繊維はおなかのなかで水を含んでゼリー状になり 1)満腹感を促したり 2)胃腸管の粘膜を保護したり 3)毒素やコレステロールや余分な糖分を吸着して排泄したり 4)乳酸菌など腸内善玉菌のエサになって増殖を促進し腸内環境を整えたりします
このような理由から 水溶性植物繊維たっぷりのリンゴは 整腸・抗コレステロール・血糖コントロール・解毒(デトックス)・美容にいい って言われるんだね

りんごには便秘に効果的な不溶性植物繊維セルロースも含まれているよ(参考記事

植物の繊維? 10012010
むしゃむしゃ葉っぱを食べた後には 消化しきれなかった葉っぱの繊維(不溶性植物繊維)たっぷりのうん◯が出るね

ポリフェノール
ポリフェノールはカテキン・ケルセチン・プロシアニジン・アントシアニンなどの抗酸化作用の強い植物成分の総称
抗酸化作用っていうのは むちゃくちゃ極端に説明すると 身体の細胞がさびつくのを防ぐ作用
身体を構成する小さな細胞が 正常に活発に元気よく活動するために必要なの!
生活習慣病予防 老化予防 がん予防 口臭予防 免疫力強化などなど 抗酸化作用の効果は挙げたらきりがないよ

りんごに多いカテキンやケルセチンは 殺菌作用・抗炎症作用・免疫力向上・コレステロールや中性脂肪や血圧を下げる作用が強いので 風邪をひいたときのすりおろしリンゴとか 生活習慣病予防用のおやつに薦められるのも納得だよね

酸味成分(リンゴ酸 & クエン酸)
どちらもエネルギー産生に使われる成分 
疲れがたまると身体が甘いものを欲しがるけれど こういうときこそ実は酸っぱいもの(クエン酸やリンゴ酸を含む食品)をたくさん食べて欲しいの
甘いもの(糖分)を摂ると反動でどかーんと疲れる(眠くなる)ことがあるけれど 酸味の強いもの(クエン酸/レモンなどの柑橘系 リンゴ酸/りんご)だとそういった副反応もありませんよ
(クエン酸のついての過去記事は ここ や ここ や ここ

カリウム
りんごはカリウムたっぷり(110mg/100g)
カリウムは ナトリウム量を調整しバランスを整える作用があるので 塩分量の気になる高血圧症の人や高血圧予防にいいね

ビタミンC
実はりんごに含まれるビタミンCそのものの量は けっこう少ないの
が りんごを食べると「食後の血中ビタミンC濃度が著しく上昇する」ということが いろんな研究の結果からいわれています
「りんごには ビタミンCを効率的に吸収するサポートをしている成分があるんだろう」といわれているのだけれど まだ詳しくわかっていません
自然の食べ物にはこういう不思議がまだまだたくさんあるので サプリメントが一概にいいとは言えないんだよね
やっぱり食生活ってすごく大切なんだなぁ〜って思う

ビタミンCの効能はたくさんありすぎて もうここではいちいち列挙しません
解毒・神経伝達物質やホルモン合成・免疫反応・コラーゲン合成など 体内での各種化学反応に必須なビタミン 
つまり健康に欠かせない!!とだけ強調しておきますね

ビタミンA
ポリフェノール同様 抗酸化作用の強いビタミン
特に免疫反応を助けたり殺菌作用に優れるので 風邪やインフルエンザの時期には意識して摂りたい!

甘み成分/糖分(果糖とブドウ糖)
ブドウ糖のとりすぎは急激に血糖値を上げ 果糖の摂り過ぎは血糖値には直接影響はないけれど中性脂肪を増やし肥満や生活習慣病につながりかねない・・・ということで「果物の摂り過ぎには気をつけようね」とよく言うよね
でも 糖分の吸収をおだやかにする水溶性植物繊維ペクチンをたっぷり含むりんごは 逆に糖尿病の人にも薦められることの多い果物のひとつ
(でも食べ過ぎはだめだよ だから「一日一個のりんごで医者いらず」なの)

ダイエットをしている人は糖分を目の敵にするけれど 糖分は大切なエネルギー源
ダイエットやプチ断食中の人は ゆっくり糖分を吸収するりんごで必要なエネルギーを摂ってくださいね

うん こうやって並べてみると りんごが優れた健康食なのがよくわかるね 
特に ポリフェノールや食物繊維のちからがとっても大きいと思う
このポリフェノールや植物繊維は りんごの皮や皮のすぐ下部分に特にたくさん含まれているんだって

だから できたらリンゴは丸ごとかじったり 皮ごと擦りおろしたり 新鮮アップルサイダーがこの季節手に入るラッキーな人は 透明りんごジュースではなく濁ったサイダー(絞り汁)を試してみて♪
もちろん皮には農薬などが残留している可能性があるので できれば有機栽培のりんご 無理ならばしっかり洗ってからね

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

NoTitle

自分でリンゴ狩りに行くようになってから、生リンゴを食べるようになったけれど、リンゴがこんなに優れた栄養素を持った果物だったとは...全然知りませんでしたよぉ〜  アップルピックに行かねばだわ!
皮に栄養があると言うけれど、私はその皮が好きではなく... 皮を食べる食べないで、栄養価は変わってきちゃいますか?

kikiさんブログでCTサイダーミル情報ゲット!

>kikiさんへ、

私も以前は皮が苦手で、アメリカ人のように丸かじりができなかったの。
(皮のふにっとした感じがイヤ)
でもオーガニックのリンゴだと皮もぱりっさくっと食べられるので最近は皮ごとOK。

皮なしでも栄養成分的(ビタミン・ミネラル・糖分など)にはあまり変わりないけれど、りんごだからこそ摂れる機能成分(ペクチンなどの繊維・りんごポリフェノール)はやっぱり皮と皮のすぐ下に多い。
そしてこの機能成分(直接身体の栄養にはならないが、健康に有効な作用をする物質)こそが、りんごが健康食である大きな理由だから・・・・皮なしよりも皮ありのほうがベター。
でも、嫌いなものを無理矢理食べるのは楽しくないので、無理強いはしませーん。

なるほど〜

「リンゴは皮を食べなくちゃ!」とリンゴ好きの友達に言われたことがあったけれど、いつもわかりやすい説明をありがとうございますっ!

NoTitle

>kikiさんへ、

皮はしっかり洗ってからね。
農薬とかワックスとか何がついているかわからないから・・・。
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。