スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

避けたい食品(コーン牛)

わはは 「コーン牛」なんて まるでお料理の名前みたいだ

お料理じゃなくて 「絶対避けたい7食品」の話題のつづきね
"7 Foods That Should Never Cross Your Lips (絶対避けたい7食品)" by Prevention

1.  Canned Tomatoes (缶詰のトマト)
2.  Corn-Fed Beef (とうもろこし中心の飼料で育った牛)
3.  Microwave Popcorn (レンジでチンして作るポップコーン)
4.  Nonorganic Potatoes (有機栽培/オーガニックでない じゃがいも)
5.  Farmed Salmon (養殖のサケ)
6.  Milk Produced with Artificial Hormones (成長ホルモンを与えられた牛の牛乳)
7.  Conventional Apples (大量生産農園のオーガニックでないリンゴ)

本日は2番目の 「とうもろこし飼料で育った牛」(英語記事はここ

02122011 ぎゅぅ〜
(コーンを含まない厳選エサで育てられている 箱入りねこ)

「キング・コーン」っていうアメリカのドキュメンタリー映画 見たことある?

この映画によると・・・
・いまのアメリカ農家では 昔みたいに甘いスウィートコーンやお野菜を作ることをせずに 窒素系化学肥料や農薬・遺伝子組み換えなどの農業技術によって大量生産が可能になった「そのままでは食用にならない」「まずい」とうもろこしを どしどし育てている
・「まずい」とうもろこしは そのまんまでは全く利用価値のない代物だが バイオ燃料やハイ・フルクトース・コーン・シロップ(高果糖液糖/コーンシロップ) そして牛などの家畜飼料の材料として有効活用される
・この「食べられない」工業材料としてのとうもろこし生産に 政府から助成金まで出ている!
・バイオ燃料は未来の燃料だとか言うし コーンシロップはほとんどの加工食品/飲料に利用されているし スーパーで買えるビーフの大部分はこのトウモロコシ入り飼料で育てられている
・つまり「まずい」とうもろこしは 実はアメリカ産業を牛耳っている「王様/キング」なのだ!

ドキュメンタリーの中でも トウモロコシや鶏の糞を大量に混ぜた人工飼料で牛を育てているコロラド州の大型酪農農家の映像が出てくるのだけれど 牛たちは狭いケージのなかでぎゅうぎゅう詰め
運動もほとんどせずにただひたすら不健康に食べ続けてます

で ↓こちらの写真は デュランゴ(おなじくコロラド州)に住んでいた時に お隣さんの牛がうちの敷地内にのそのそ葉っぱを食べに侵入してきたときに撮った写真なんだけどね

02122011(2) 放牧牛たち
(このあとトトロさん(お父さん)が がんばってみんなを隣の敷地に移動させた)

本来 牛ってのは この子たちのように広大な敷地を移動しながら牧草をむしゃむしゃする生き物
オリの中でお隣さんとくっついているなんて考えられないだろうし とうもろこしや鶏糞なんて頼まれたって食べないでしょー

でもね 草食の牛に とうもろこしデンプンたっぷりの偏った食生活を続けさせると みるみる太って短時間で脂ののったビーフになるので 生産農家としては助かるわけ
土地もたくさんいらないし 冬場の牧草を確保する必要もない

ま それで多少脂身の多いぶくぶく牛 ってだけなら ま〜そんなに神経質にならずに・・・って思ったりもするのだけれど
消化管への負担や運動不足 そして劣悪環境からのストレスなどで病気になりやすいので 飼料の中には抗生物質もどっさり混ぜられているし ぱっぱと成長させて加工・出荷するために成長ホルモンなんかもばんばん加えられる

結果 コーン飼料で育った牛は 広い大地で草を食べて育った放牧牛のお肉と比べて
1)身体に悪い飽和脂肪酸たっぷり
2)ビタミンやミネラルなどの栄養価が低く なり
さらに記事中には触れられていないけれど
3)抗生物質や成長ホルモンなど残留化学物質の可能性があり ヒトへの安全性が不透明
といった問題もでてくる

とうもろこしや成長ホルモン入り飼料で急速にぶくぶく太らせたお肉は 確かにお値段も安い
でも 健康のためには 人工飼料ではなく放牧で育てられた(grass-fed) 牛肉を買いたい
給料日とかでお財布がほんわか暖かい日だけでもいい
健康はお金にかえられないからね・・・

*****風邪&インフルエンザの季節を乗り越えるために******
1. 栄養たっぷりの食事 (特にビタミンA、C、D、&B)
2. お水をたくさん飲む
3. 適度な運動
4. 休息をしっかりとって疲れをためない
5. 糖分摂取を減らす
6. 調子悪いかな?と思ったら無理をしない
7. 手洗い ごしごし!
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

NoTitle

こんにちは。これはすごい「コーンド・ビーフ」ですねえ。
ニューイングランドの伝統料理にコーンド・ビーフというのがあって、
かつては毎週木曜日に食べていたらしいのですが・・・・
昔のは、もっとオーガニックだったのでしょうね。

NoTitle

>LaceyBlueさんへ、

こんにちは。
そういや「コーンド・ビーフ(日本だとコンビーフだよね)」は、なんでCorned Beef って言うんでしょうか? 
塩漬け牛肉のことですよね? とうもろこしとは何の関係もないですよね? なんでだろー?

NoTitle

ハーブを入れた塩水に1ヶ月くらい漬け込んでつくるそうです。
ですから「塩漬け肉」が正しいと思いますよ。

ね?なんでだろね

>LaceyBlueさんへ、

ただの塩漬け保存牛だと思ってたら、ハーブまで入っていたんですか? あらま。
でも、ほんと、なんでコーンド・ビーフ(コンビーフ)って言うんだろ・・・。
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。