スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水に想いを馳せる午後

今日 日中は 梅雨の晴れ間といった感じの清々しいお天気
(ただいま 夕立が通過中)
このまま夏になるのかな?
それともまた雨ばかりの毎日に戻るのかな?
まだまだこの辺りのお天気に慣れなくて 庭作業の予定がうまくたてられません

ここコネチカット州は 高地砂漠気候のコロラド州デュランゴと違い 雨が多くて緑が豊か
ううん 緑だけでなく いろいろな色のお花があっちこっちで咲いています

06152011 ヤマボウシ
Japanese Flowering Dogwood ジャパニーズ・ドッグウッドが満開

山月桂樹 06152011(2)

コネチカット州の州花 マウンテンローレル(Mountain Laurel)も花盛り
ネイティブ・アメリカンは マウンテンローレルの葉をつぶしたものをポイズン・アイビー接触性皮膚炎の炎症に外用薬として使ったんだって(食べたらダメだよ!毒だからね!)

06152011(3) Peony
根っこの部分が有名な生薬シャクヤク(解熱・鎮痛 ケガの止血・抗菌 筋肉弛緩作用)

「いろいろな色のお花」とかいいながら ボクんちに咲いているのは白が多いね
前のオーナーさんの好きな色だったのかな?

06152011(4) 白くて可憐な Iris

日本語のアヤメ・花菖蒲・カキツバタは 英語だと全部アイリス
この子は・・・・花しょうぶ・・・・かな? 漢方薬の菖蒲とは全くの別物

野生化ベリー 06152011(5)

一見すると ポイズン・アイビーそっくりのラズベリーもしくはブラックベリー
というか たいていいっしょに群生しているような・・・(この写真には見あたらないけど)
葉全体に細かいギザギザがあり 茎にトゲがあるので ポイズン・アイビーではないことはわかるけど この子がラズベリーなのかブラックベリーなのか 見分け方がわかりません

実ができたらわかるんだろうけど 判別する前に野生動物たちに食べられちゃいそうだね

06152011(6) ばら
やっと白以外の花の写真がでてきた〜
よく見たら 葉っぱが虫食いだらけ(にんにく唐辛子スプレーをまこう!)

こうやって植物を愛でていると 『水』って生き物にとって本当に大切なんだなぁ と改めて思います
アリゾナ&コロラド と 中西部の乾燥地帯に長い間住んでいたから余計に

植物だけじゃなく ぼくたちネコや お母さん&トトロさん(お父さん)のような人間にも 生きていくために絶対必要な水

水を汚すことは そのまま僕たち自身の健康をおびやかすことに直結します
いや 水だけでなく 土や空気の汚れも同じこと

ぼくんちの飲み水は井戸水なので 家の北西側(井戸のある側)のポイズン・アイビー処理には強力な除草剤をまくことを躊躇しています
(周囲の生態系や井戸水 そして健康に影響を与えるので注意するよう ラベルにもきちんと明記されています)

ぼくやお母さんが噛まれたTick(マダニ)や蚊の問題もあるので 本当はいっきに殺虫剤を庭中にまきたいところなんだけど これも土や空気や水を汚染して生態系や健康にマイナスだし 庭にはハーブや野菜もちょっとだけ植えてあるので 自然のもの(にんにくや唐辛子やシトロネラ)をせっせとこまめにスプレーして対策してます

そうやって おそらくここに住んでいる僕たち以外にはほとんど影響がないようなことでジタバタしている一方で 広範囲にわたり大勢の人に長期間ものすごい苦労を強いている原子力発電所事故は まだまだ収束のメドが全くたっていないことをニュースで確認してやるせない気持ちになります

自然と共存していくのは大変なことだけど いったん汚してしまったらそれをきれいにするのにはとてつもない時間と労力がかかるから・・・

地下水が 雨水が 池や湖や川を流れる水が そして海のお水が これ以上汚れませんように
ぼくたちが毎日吸っている空気が 食べ物や自然が根付いている土が 地下水を濾過する大地が これ以上人間のエゴで汚されませんように

そんなことを願いながら ぼくたちにできることはなんだろう・・・と真剣に考え込む夕暮れ時

06152011(7) シンク大好き♪

蛇口をひねれば安全な飲み水がじゃんじゃん出てくる・・・・
ものすごくありがたいことなんだよね

FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっくありがとう

綺麗ねぇ~♪

色々な花が咲き乱れて綺麗ねぇ~♪

前のオーナーさんがいっぱい植えて下さっていて、羨ましいです
ウチは前のオーナーさんが全然興味が無かったらしくて、荒れ果ててます(嘆)
 ・・・特に裏庭   雑草が生い茂っていて途方に暮れてます

除草剤を撒いちゃえばいいのでしょうけど、らすかる母さん同様の理由で
やっぱり私も躊躇してます

この100年、いや50年・・・それまでの長い地球の歴史から比べると近代文明
発達の恩恵を受けて生活は便利で快適なものになったし、人間の寿命は
格段に伸びたけれど、自然を痛めつけ、ねじ伏せていると思います

いつか自然から手痛いシッペ返しを受けそうな気がします

花がいっぱい、いいなあ・・・

ヤマボウシ、うちと同じ!ベリーも同じ、
ポイズンアイビーと鹿、悩みもね。

シンクのラスカル、子猫のようでとても可愛い!

外から見る日本、本当に情けないでしょ。
世界中の人たちの温かい気持ちを裏切りそうで辛い。

花も虫もいっぱ〜い

>Madam Ball さんへ、

前のオーナーさん(の庭師さん)とてもうまく庭作りをされていたみたい。
常に何かが咲いています。
次はこれかな♪ ってわくわくします。

ただね、家を売るって決めてからはあんまり手入れをしてなかったみたいで・・・実はすごいことになっているの。
どうやって剪定したらいいのかわからないし、雑草たちもすごいです。
立派すぎて雑草だとは思えないくらい。

自然相手ですからね。
しっぺ返しが怖いし・・・・おおらかにのんびりと対応するしかないかしら。


>Bamboo さんへ、

うちの花達、Bambooさん宅よりも数週間遅れて咲くみたいなので、これなーに?と思ったときにいつも参考にさせてもらっています。
コネチカットは四季があるので、日本を想わせる植物が多くて嬉しい♪

らすかるは、どこの家に住んでもシンクが一番好き。
おしりをぴったりフィットさせて効率よく冷やしてます。

外から見る日本、ひとりひとりの願いと国の方針がチグハグでもどかしい。
でもね、舵取りのいない船みたいで見ていて危ういけれど、完全には悲観してないんよ。
必ず大きな変化が来るって信じて、大切な故郷を「怒り」ではなく「愛情」を持って応援し続けるって決めたから。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 綺麗ですね!

>鍵コメさんへ、

こんにちは。
毎日、庭の植物に癒されてます。

不思議の国ニッポン。
核の恐ろしさを世界に向けて声を大にして訴えることができるのは日本以外にないだろう、って思うのにね。
今なら世界中が耳を傾けるだろうに、って思うのにね。

個々の権利についてとても口うるさいアメリカでは、日本政府や東京電力が、日本に住む人たち、特に子どもたちの人権を侵害している、と憤慨している人が多いです。
どうして日本人は立ち上がらないのか、と聞かれて・・・言葉になりませんでした。

みんな必死なんだよぉぅ〜〜、としか言えなかった自分がふがいないです。

NoTitle

こんにちは。
春の初めにも山ぼうしがたくさん咲いていましたけど、
このところ、また咲いていますね。
時期的には、今のが日本の山ぼうし相当でしょう。
夏の終わりに実がとれますように・・・

ポルトガルでは、今年の初め、不甲斐無い政府与野党両方に
対して抗議する国民の大規模デモがありました。
日本人って、政府も不甲斐無いけど、国民も不甲斐無いですね。
だから、震災でも黙って復旧作業に明け暮れるのでしょう。
政府は何一つ緊急措置法を立法しなかった。
山のような会議だけ。それでも黙っている国民です。
暴動が起きないのが立派なのではなくて、暴動も起こせない
のですね。叩かれても憤慨もしなくなっているように見えます。
いつからこんなになったのかなあ・・・・

ヤマボウシの実♪

>LaceyBlue さんへ、

こんにちは。
ヤマボウシの真っ赤な実、鳥やリス達がせめて数個でいいから残していってくれますように。
さくらんぼの実も山ほどあったのに・・・今は青いのが2個だけ。
クラブアップルはまだまだたくさん実がなってますが、リンゴはすでにだいぶん虫に食われてます。

日本人、私自身も例外にもれず、黙って我慢しちゃうんですよね。
それを「日本人の美徳だ」という人もいるけれど、今回ばかりは裏目に出てしまっているように思います。
私もこれまで文句ばっかり言って何もできなかった。
海外にいて、日本を外から見られる立場にいるのに、こんなんでいいんだろうか・・・って悩んでいます。

叩かれても憤慨できない・暴動を起こせない私ですが、普段からできるだけ「怒り」を原動力にする行動をとりたくない、って思っているので、また別の形で立ち上がれたらな〜、と漠然と考えています。
・・・って考えても考えても全然結論が出なくて困ってるんですけれど、ね。

こんにちは。yukiです。

お仕事と庭仕事で大変な毎日をお過ごしのこととご推察申し上げます。
我が家のチビ庭でさえ虫や雑草との戦いでひいひい言っているのに規模が違いますよねえ・・・

日本のこと
海外ではそのように批評されているのかと、
あらためて認識しました。

ふがいない日本人で申し訳ないです。
でもね、私も怒りを原動力にはしたくない。
情けないことですが、
私にはもう、

『東電のことも政府のこともようわからん!』

なのですよ。どの情報を信じていいのやら・・・

震災直後、日本人の美徳として
耐える力
不屈の力がほめたたえられたけれど
それと怒りモードというのは
共存するものなのでしょうかねえ。

遅々とした歩みだけれど、
ニュース、メディアで報道されていない
地に足をつけた闘い・努力が
現地の無名の表にでない人たちによって
営々と続けられていることを
知っている私たちは
トップの人々の浮足立った戦いには
冷めた目線で
『勝手にしろ!』になってしまうのですよね。

でも
本当にどうしたらよいのでしょうかねえ・・・


だらだら長いお返事ですが・・・・

>yukiさんへ、

お返事遅れてすみませ〜ん!
頭の中の整理をしながら返事を考えていたらこんなに遅くなってしまいました。

ここは「声に出して言わなきゃ何もしてもらえない」つまり「声に出して言わなきゃサービス最悪!」な国『アメリカ』ですからね。

自分たちや次の世代の命や健康を脅かす可能性のある今の状況に立ち向かっていかない(ようにニュースでは見える)のが不思議で不思議でたまらないみたいです。

そして「愛国心」がひときわ高いのも『アメリカ』。

だから「どうして日本人は愛する者たちや国のために闘わないのか?」っていう質問が私に向けられるのも、ま、わかるような気はするんですよね。

アメリカ人の多くが、秩序を重んじて忍耐力のある日本人の素晴らしさに感銘をうけたようですから、「日本人には日本人の闘い方があるんだろう」とは思っているみたいですよ。
でも中には「カミカゼ(特攻隊)のように、国のために自滅する闘い方だけは絶対にだめだ!」と説教してくださる人までおりましたわ。

うーん。

yukiさん家族を含め、生活がそこにある日本の方達から見たら、海の向こうの第三者目線での勝手な批判や議論に、ムッときたりすることもあるんじゃないかしら・・・と不安になったりもします。
私も結局は、雨にうたれて庭いじりをできる環境にいるわけですからね。

でもこれからは、「知らなかったから・・・」と言い訳しないためにも、いろいろな情報を客観的に収集&判断しようと思ってます。
そして、何か行動が必要となったときに「誰かが始めてくれるのを待つ」ことがないように、普段からフットワークを軽く保って健康でいること、を目標にします!

私にでもできそうなこと、助言とかアイデアあったら、yukiさん、いつでもアドバイスお願いしますね〜。
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。