スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

太陽とビタミンD

これまでに 日焼け止め目の日焼けのおはなしをしましたが 太陽の光を浴びることのマイナス面ばかりを強調しすぎるのは良くないんだよね
実は ビタミンDの生成に太陽の光が欠かせないんです

ビタミンDは食事(きのこやお魚)からも摂れますが 約90%は日常の日差しへの露出でつくられたものと考えられています
紫外線(B波)を皮膚が吸収することで生成され 肝臓と腎臓を経て活性型ビタミンDに
余ったビタミンDは脂肪中に蓄えられて 太陽の光が十分でない冬の間に使われます
(すっかり皮膚が日焼けしてしまうと 身体は十分なビタミンDが蓄えられたと判断してビタミンD合成作業をストップします)

冬の間太陽の光が極端に少なくなる北欧の国では 乳幼児を健康に育てるために日光浴が積極的に推奨されてるし 紫外線の届かない宇宙ステーション内では太陽光を模した紫外線ランプが健康のために使われたりしています

日焼けするまで太陽にあたる必要は全くないんですよ
一日推薦摂取量(200IU)は 顔と腕を15〜20分ほど太陽にさらすことで十分

ビタミンDは
1)カルシウムの腸管における吸収を助け 骨を強くする(骨粗鬆症・骨軟化症の予防)
2)他のホルモンと共に働いて血中カルシウム量を調整する
3)大腸がんや乳癌等の予防
4)乾癬やアトピーなどの皮膚疾患の緩和
などの効果があります

皮膚でのビタミンD生成能力は 残念ながら歳とともに衰えていきます
骨折や骨粗鬆症・骨軟化症の予防のためにも 太陽の光とはうまくつき合っていきたいよね
 ポカポカ気持ちいい〜  08162008
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。