スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルコール性肝障害

血液検査値γGTの説明で「γGTはアルコール性肝障害の指標だよ〜」って言ったけど アルコール性肝障害ってなんだろ?
簡単にいうと そのまんま「過剰な飲酒によって肝臓が傷ついた状態」

アルコールは消化管から吸収された後 肝臓にて無害な物質に代謝され 主に腎臓から排泄されます
でもアルコールをせっせと処理する肝細胞にも限界があります
その結果 大量のお酒によって肝細胞の機能が障害されてしまうの

アルコール性肝障害には次のようなものがあります

1)アルコール性肝炎
もともとお酒を良く飲む人が一度に大量のアルコールを飲んだ際に 肝細胞が壊死(一部の肝細胞が死んじゃう!)をおこしたもの
急性肝炎の症状(黄疸 腹痛 発熱)が見られ 重症なものでは多臓器不全を引き起こして死に至る場合もあります

2)アルコール性脂肪肝
アルコール摂取により肝細胞の機能が低下し 肝細胞中に中性脂肪が蓄積した状態
自覚症状はまれで あっても軽度の倦怠感くらい
肝機能検査値(血液検査)も正常か軽度の異常程度
比較的少ないアルコール摂取でもおこる(若い人でも起こりうる)障害だけれども さらに深刻なアルコール性肝障害の注意信号ととらえ 禁酒もしくはお酒の量をすぐに減らすべき

3)アルコール性肝繊維症
肝細胞がアルコール摂取により傷められると それを修復するためにその部分の組織が増加し繊維化がおこります(例えば皮膚を切った後の瘢痕は 皮膚組織繊維化の結果)
ほとんど自覚症状はなく 全身の倦怠感とかを感じるくらい
でも放っておくと肝硬変に進行してしまいますよ

4)アルコール性肝硬変
肝細胞の中性脂肪蓄積(脂肪肝)や組織の繊維化(肝繊維症)が進行すると 肝臓内の血液循環や肝機能が慢性的に阻害されてしまい いろいろな症状が出てきます
肝障害の末期症状で 肝臓は萎縮し表面はぼこぼこに
症状として全身倦怠感 食欲不振や下痢を起こし 血圧上昇(門脈圧亢進性高血圧) クモ状血管拡張や肝腫大といった他覚症状が見られることも

肝障害が肝硬変まで進行してしまうと根本的な治療は難しく ほとんどが対症療法になってしまいます
ですから 血液検査で異常が見つかり「アルコール性肝障害」と言われたら たとえ自覚症状が少なくとも初期のうちに禁酒をすることが大切です

血液検査では γGTの著しい増加や GOT(AST)やGPT(ALT)の上昇が見られますが 初期には正常な場合もあり見落とされることも
お酒はほどほどに おつきあいで楽しむ程度にね

    08232008
    お酒は飲まないって お母さんと指きりしました
FC2ブログランキングに参加中 いつも応援ありがとう!  ←くりっく
Secre

Profile

Rascal

Author:Rascal
らすかる  
7歳 元気いっぱいのおすねこ
自己紹介はここ

お母さん
自然療法医(アリゾナ州&コネチカット州医師免許)
元薬剤師
米国コネチカット州在住

ご訪問ありがとうございます

はじめにこちらをお読みください

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

FC2 Counter

記事検索 (Search)

Mail Form

name:
mail address:
subject:
body:

FC2 Blog Ranking

FC2Blog Ranking

CDC新型インフルエンザ情報 (英語)

Wash your hands with soap and clean running water. Visit www.cdc.gov/h1n1 for more information.

Links

健康ちぇっく

らすかるの木

RSS Feed

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。